kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

CanonicalがUBportsにUbuntu Phoneを提供

「Canonical」が「UBports」に「Ubuntu Phone」を提供しました。



BQ Aquaris E5 HDとMeizu MX4を提供

「Canonical」が提供した「Ubuntu Phone」は、当時「Canonical」が扱っていた「Ubuntu Phone」であり、今となっては数年前に発売されたスマートフォンになります。
「UBports」は古いデバイスをレガシーデバイスとして扱っていますが、「UBports」が開発する「Ubuntu Touch」はこれらレガシーデバイスも動作対象となっています。


レガシーデバイスはコアデバイスと異なり、現時点ではセキュリティーアップデートや致命的な不具合の対応に焦点をあてたアップデートを提供する方針になっています。

38台のUbuntu Phone

今回受け取った「Ubuntu Phone」は上記の通りですが、その台数は38台です。
内訳は以下のようになっています。

  • BQ Aquaris E5 HD:18台 
  • Meizu MX4:20台

ちなみにデフォルトで入っていたOSは、「Android」だったとのことです。

レガシーデバイスのサポート改善へ

「UBports」は今回の提供を受け、レガシーデバイスのサポート改善に向けた取り組みを行う予定です。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション