kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

OpenSSHが利用可能に

「Windows 10 Fall Creators Update」及び「Windows Server 1709」で「OpenSSH」が利用できるようになりました。



ポイントは「Microsoft」による移植及び提供である、という点でしょうか。
「Microsoft」は「OpenSSH Portable」や「OpenBSD」と連携して作業し、Win32のサポートをアップストリームの「OpenSSH Portable」に取り込んでもらうことを最終目標に作業を行っています。

「Windows」に移植されたこの「OpenSSH」は、クライアントとしてもサーバーとしても利用可能です。

OpenSSHはまだβ版

現在提供されている「OpenSSH」は、まだβ版です。

「Insider Preview」で新しいビルドを利用しているユーザーは、「OpenSSH」が安定版になるまで、継続的に改善された「OpenSSH」のアップデートを受け取れる予定です。

プロジェクト

「OpenSSH」は以下で管理されています。


プロジェクトの進捗状況や利用方法など詳細な情報は、以下のページで確認できます。


OpenSSHをインストールするには

「OpenSSH」をインストールする方法です。
「OpenSSH」をインストールする方法はいくつかありますが、ここでは「設定」からインストールする方法を紹介します。
 「PowerShell」や「DISM.exe」でインストールする方法は、上記のアナウンスを参照してください。

1.オプション機能の管理を開く

「設定(Windowsの設定)」を開き、「アプリ」をクリックします。
以下の画面が表示されるので、「オプション機能の管理」をクリックします。


2.機能の追加画面を開く

以下の画面が表示されるので、「機能の追加」ボタンをクリックします。


3.OpenSSHのインストール

以下の画面が表示されるので、SSHクライアントをインストールするなら「OpenSSH Client」をクリックし、「インストール」ボタンをクリックします。
SSHサーバーをインストールするなら「OpenSSH Server」をクリックし、「インストール」ボタンをクリックします。


4.インストール開始

「2.」の画面に戻ると、インストールの進捗が表示されます。


しばらく待てばインストールが完了します。

パスワード認証でSSHサーバーに接続してみる

「OpenSSH Client」をインストールすれば、SSHサーバーに接続できるようになります。

1.SSHサーバーに接続

ここでは例として、SSHサーバーが動作している「Ubuntu」に接続してみます。


接続できましたね。

ドメインアカウントでログイン

サーバーが対応しているなら、ドメインアカウントでログインすることも可能です。
UPNでサーバーを指定するなら、以下のようにサーバーを指定できます。

ssh user1@domain1@contoso.com

NetBIOSでサーバーを指定するなら、以下のようにサーバーを指定できます。

ssh user1\domain1@contoso.com

2.リモート操作

後は「Ubuntu」上で「端末」を実行するかのように、コマンドの実行が可能です。


3.SSHの各種設定は

SSHの各種設定は、「~\.ssh」フォルダー内に配置されます。


もっと詳しい使い方を調べるには

「OpenSSH」の移植だけあって、使い方は「Ubuntu(Linux)」と大して変わりません。
しかし一部の機能や「OpenSSH」の外側(サービスの起動方法やファイアウォールの設定方法など)は「Windows」のやり方に従う必要があります。
またWindows版「OpenSSH」はまだβ版での提供であり、機能制限や不具合があります。

機能や詳しい使い方は、以下を参照してください。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション