kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

FeatureFreezeを迎える

2018年3月1日、「Bionic Beaver(Ubuntu 18.04)」が「FeatureFreeze」を迎えました。



「FeatureFreeze」はβ1リリースの1週間前に行われます。
「FeatureFreeze」以降はソフトウェアの不具合の修正が主な変更点になり、例外を除いて大きな変更は行われなくなります。


大量の作業

2018年3月1日時点で822個のパッケージが「bionic-proposed」に配置されたままであり、これらのパッケージの移行作業が行われています。
「Ubuntu 17.10」の「FeatureFreeze」時と比較すると、「Ubuntu 17.10」では110個のパッケージが移行待ちだったため、約8倍近くのパッケージが移行待ちになっています。

もうすぐBionic Beaver β1リリースへ

現在のリリーススケジュールは、以下のようになっています。


リリース リリース日 備考
Bionic Beaver β1 2018年3月8日 一部のフレーバーのみリリースされる
Ubuntu 18.04 最終β 2018年4月5日 Ubuntu及びすべてのフレーバーがリリースされる
Ubuntu 18.04 2018年4月26日 Ubuntu及びすべてのフレーバーがリリースされる

「Bionic Beaver β1」では、一部のフレーバーのみリリースされます。
つまり「Ubuntu 18.04 β1」はリリースされません。

デイリービルドのディスクイメージ

「Bionic Beaver β1」リリースとは別に、「Ubuntu 18.04」及びフレーバーのデイリービルドのディスクイメージが利用可能です。
デイリービルドのディスクイメージについては、以下を参照してください。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション