kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

Ubuntu 18.04.1の開発作業とUbuntu 18.10の開発計画

「Ubuntu 18.04.1」の開発作業と「Ubuntu 18.10」の開発計画を紹介します。



Ubuntu 18.04.1の開発作業

2018年7月リリース予定の「Ubuntu 18.04.1」の開発作業が行われています。
「Ubuntu 16.04」ユーザーは「Ubuntu 18.04.1」リリース以降、「Ubuntu 18.04」にアップグレードできるようになります。

さて「Ubuntu 18.04.1」のリリースまで約3ヶ月間の開発期間があります。
開発チームは「Ubuntu 18.04」で重要な不具合の検出や修正作業を「Ubuntu 18.04.1」に向けて行います。

また「Ubuntu 18.04」のリリースに間に合わなかった新機能が「Ubuntu 18.04.1」に盛り込まれる予定です。
特に注目する新機能は以下のとおりです。

  • フィンガープリント(指紋)によるアンロックのサポート
  • 「GNOME Control Center」が「Thunderbolt」設定をサポート
  • XDG PortalのSnapのサポート

Ubuntu 18.10の開発計画

「Ubuntu 18.10」の開発計画です。
あくまで計画であり方針です。

GNOME Softwareの改良

開発チームは「GNOME Software」の使い勝手を改良するため、2018年6月に意見交換を行うイベントを予定しています。

このイベントでは「GNOME」の開発者を招き、Ubuntuデザインチームや開発者と共に、アイデアや作業計画の議論を行います。
開発チームは、「GNOME Software」にどのような動作をさせたいか、どのような情報を表示させたいのか、UX全体の改良といった意見交換やアイデアの共有を行います。

Snapの起動時間の短縮

「Snapcraft」にアプリのセットアップを初回実行時ではなく、ビルド時に行う機能が追加されました。
これによりデスクトップアプリケーションの初回起動時の起動時間が大幅に短縮されました。

これに加え開発チームでは、「Snap」の起動時間を短縮する改良作業を行う予定です。
この目標が達成されれば、「Snap」を利用可能なすべてのプラットフォームでこの恩恵に与れるでしょう。

Snap版Chromiumを主軸に

「Chromium」はモダンなC++コンパイラーの機能を活用しており、古い「Ubuntu」向けに「Chromium」を提供することが困難になっています。
「Snap」はその特徴により、この問題を解決できます。
開発チームは「Ubuntu 18.10」からSnap版「Chromium」のみ提供する方針を提案しています。


また「Ubuntu 14.04」のdeb版「Chromium」は廃止される予定です。
「Ubuntu 14.04」でdeb版「Chromium」を利用しているユーザーは、最新版の「Chromium」を利用するために、Snap版「Chromium」に移行する必要があります。

消費電力の削減

カーネルオプションには、HDDコントローラーやUSBコントローラーなどデバイスが使用されていない時に省電力モードに切り替えるオプションがいくつかあります。
過去これらのオプションは何かしらの問題を引き起こすケースがあり、電源管理に関しては控えめな手法を取ってきました。

安定性を犠牲にせず消費電力を改善するにはどのオプションの利用が最適なのか、「Ubuntu 18.10」の開発サイクルで調査が行われる予定です。

メディア共有

多くのスマートTVは、「DLNA」クライアントの機能を持っています。
開発チームは、追加パッケージのインストールや設定なしに、簡単にデスクトップから「DLNA」クライアントにメディアを直接共有できないかどうか検討を行います。

もちろんすべての「DLNA」クライアントが必ずしも「DLNA」の規格に適合しているとは限りません。
悪魔は細部に宿るため、十分な調査が必要になります。

SMBのファイル共有

デスクトップで簡単に「SMB」のファイル共有を行う機能の復活が検討されています。

新しいテーマ

コミュニティー主導のテーマである「Communitheme」を「Ubuntu 18.10」のデフォルトのテーマとして採用する計画が立てられています。


KDE Connect / GS Connect

デスクトップとスマートフォンを簡単に連携できるよう、「GS Connect」の導入が検討されています。
現状スマートフォンは「Android」が対象です。
詳細は以下を参照してください。


次世代のインストーラー

次世代の新しいインストーラーの開発が提案されています。
詳細は以下を参照してください。


この作業を6ヶ月で終わらせるのは困難ですが、実現に向けて調査が開始される予定です。

統計データのウェブサイト公開

「Ubuntu 18.04」では、インストール後にシステム情報を送信する機能が追加されました。
開発チームはウェブチームと連携し、これらの情報の統計データを公開するダッシュボードタイプのサイトを開発する予定です。
公開された統計データから、ユーザーのトレンドや関心といった傾向が明らかになるでしょう。

GNOMEのアップデート

「GNOME」の最新リリースとデスクトップへの最適な統合方法の検討と調査が行われます。
より詳細な計画は、今後明らかになる予定です。

関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション