kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

ディスプレイマネージャーをLightDMに切り替えるには

「Cinnamon」を採用したディストリビューションと言えば、「Linux Mint」です。
「Cinnamon」の開発は、「Linux Mint」の開発チームが主体的に行っています。


補足

ここで紹介する内容は、前回紹介した「Ubuntu 18.04」に「Cinnamon」をインストールする内容の続きです。



GDMとLightDM

「Ubuntu」では、ディスプレイマネージャーに「GDM」を採用しています。


一方 「Linux Mint」ではディスプレイマネージャーに「LightDM」を採用しています。


「Ubuntu」でも「Linux Mint」と同じようにディスプレイマネージャーを「LightDM」に切り替えることができます。
ここでは「GDM」を「LightDM」に切り替える方法を紹介します。

補足

必ずしもディスプレイマネージャーを変更しなければならない、ということはありません。

1.LightDMのインストール

「端末」を起動し、以下のコマンドを実行して「LightDM」をインストールします。

sudo apt install lightdm


2.メッセージ

以下のメッセージが表示されるので「エンター」キーを押します。


3.ディスプレイマネージャーの選択

利用するディスプレイマネージャーを選択する画面が表示されます。
上下カーソルキーで「lightdm」を選択し、「Tab」キーを押してください。


以下のように「<了解>」にフォーカスが移るので、「エンター」キーを押します。


以上でインストールは完了です。
PCを再起動します。

4.LightDM

以下のようにディスプレイマネージャーが「LightDM」に切り替わり、ログイン画面のデザインが変わります。


Slick Greeterを利用するには

「Greeter」とは、「LightDM」のGUIを担うソフトウェアのことです。

「Greeter」にはいくつか種類がありますが、特に設定をしなければ「Unity Greeter」が使用されます。
「Linux Mint」では「Greeter」に「Slick Greeter」を使用しており、GUIからログイン画面(Slick Greeter)の設定を行うツールもあります。

ここでは「Slick Greeter」に切り替える方法と、設定ツールのインストール方法を紹介します。

1.Slick Greeterのインストール

「端末」を起動し、以下のコマンドを実行して「Slick Greeter」とログイン画面の設定ツールをインストールします。

sudo apt install lightdm-settings slick-greeter


2.Greeterの切り替え

以下のコマンドを実行し、「LightDM」の設定ファイルを開きます。

sudo -i gedit /etc/lightdm/lightdm.conf

設定ファイルに以下の内容を記述します。

[Seat:*]
greeter-session=slick-greeter


ファイルを上書き保存し、「gedit」を終了します。
以上で切り替えは完了です。
PCを再起動します。

3.Slick Greeter

以下のように「Slick Greeter」がログイン画面のGUIを表示するようになります。


4.ログイン画面の設定ツール

以下のようにログイン画面の設定ツールを検索し、ログイン画面の設定ツールを起動します。


ログイン画面設定ツールでは、ログイン画面の見た目に関する設定や動作に関する設定を行えます。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション