kledgeb UbuntuやLinuxの最新情報を紹介

OpenJDK 11への移行とOpenJDK 8のサポート

「Canonical」から「Ubuntu 18.04 LTS」における「OpenJDK 11」への移行と「OpenJDK 8」のサポートに関するアナウンスが出されました。



OpenJDK 11

「Ubuntu 18.04 LTS」では今までデフォルトの「OpenJDK」に「OpenJDK 10」を採用していました。
しかし2019年4月16日、「Ubuntu 18.04 LTS」向けに「OpenJDK 11」がリリースされ、ユーザーにアップデートの提供が開始されました。


このアップデートにより「OpenJDK 10」は「OpenJDK 11」に置き換えられ、「Ubuntu 18.04 LTS」のデフォルトの「OpenJDK」は「OpenJDK 11」になりました。
「OpenJDK 11」はアップストリームから長期的なセキュリティーアップデートが受けられ、「Ubuntu 19.04」でも「OpenJDK 11」がデフォルトの「OpenJDK」になります。

「OpenJDK 11」は「Java」プラットフォーム(Standard Edition/Java SE)のオープンソースによる実装であり、現在最新のLTS(Long Term Support/長期サポート)版です。
「OpenJDK 11」は「TLS 1.3」のサポートや「ChaCha20-Poly1305」の実装、安全性が劣る「RC4」に代わる新しいストリーム暗号のサポートなど、核となるセキュリティー機能の改良が行われています。

OpenJDK 8

「OpenJDK 8」も引き続き提供されます。
「OpenJDK 8」もLTSリリースであり、「Ubuntu 16.04 LTS」及び「Ubuntu 18.04 LTS」で継続的に利用可能です。
ただし「OpenJDK 8」は「universe」リポジトリーに配置され、コミュニティーによるメンテナンスサポートとなります。

「OpenJDK 8」は2021年4月までセキュリティーアップデートが提供される予定です。
この期限は「Ubuntu 18.04 LTS」でも同様です。

関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション