kledgeb UbuntuやLinuxの最新情報を紹介

Ubuntu 20.04 LTSの開発コード

「Ubuntu」では、各バージョンごとに開発コードが付けられています。
これら開発コードには命名ルールがあり、「〜(形容詞)な動物」で開発コードが付けられています。


「Ubuntu 20.04 LTS」の開発コードが決まりました
「Ubuntu 20.04 LTS」の開発コードは、「Focal Fossa」です。
フレーバーでも同様にこの開発コードが使用されます。

Ubuntuのバージョンと開発コードの対応表 

Ubuntuのバージョンと開発コードの対応表」を更新しました。
 

Ubuntu 20.04 LTSは長期サポート版

「Ubuntu」では2年に一度、5年間の無償サポートを提供する長期サポート版(LTS)をリリースしています。
加えてLTS版は、さらにサポート期間を延長するEMSの対象になります。

前回のLTS版は2018年4月にリリースされた「Ubuntu 18.04 LTS」であり、2020年4月にリリースされる「Ubuntu 20.04 LTS」は、2年に一度のリリースにあたります。
つまり「Ubuntu 20.04 LTS」はLTS版としてリリースされます。

フレーバのサポート期間はフレーバーごとに異なる

フレーバのサポート期間はフレーバーごとに異なります。
多くのフレーバーではLTS版に3年間のサポートを提供しています。

Ubuntu 18.04 LTSから直接アップグレード可能に

LTS版から次のLTS版への直接的なアップグレードが提供されるため、「Ubuntu 18.04 LTS」から「Ubuntu 20.04 LTS」へ直接アップグレードできるようになります。

ただしアップグレード可能になる時期は「Ubuntu 20.04 LTS」リリース直後ではなく、ポイントリリースが行われる「Ubuntu 20.04.1 LTS」以降になるものと思われます。
今までの慣習に従えば「Ubuntu 20.04.1 LTS」は、2020年の7月から8月頃のリリースになります。

つまり「Ubuntu 18.04 LTS」ユーザーは2020年の夏頃に「Ubuntu 20.04 LTS」へアップグレードできるようになるでしょう。
とはいえ「Ubuntu 20.04 LTS」の開発はまだ始まっていませんし、今後詳細な情報が明らかになっていきます。

リリーススケジュール

「Ubuntu 20.04 LTS」のリリーススケジュールです。
現状リリーススケジュールはドラフト版であり、今後日程が変更される可能性があります。


日付 マイルストーン
2020年1月9日 Ubuntuテスト週間(任意)
2020年2月27日 FeatureFreeze
2020年3月5日 Ubuntuテスト週間(任意)
2020年4月2日 Ubuntu 20.04 LTS β版リリース
2020年4月16日 Ubuntu 20.04 LTS RC版リリース
2020年4月23日 Ubuntu 20.04 LTS リリース

フレーバーも同じ日程で作業が進められます。

関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション