kledgeb UbuntuやLinuxの最新情報を紹介

Ubuntu 20.04 LTSがRaspberry Piを完全にサポート

「Ubuntu 20.04 LTS」は「Raspberry Pi」を完全にサポートしたOSです。



Canonicalによる完全なサポート

「Ubuntu 20.04 LTS」は、「Canonical」が認定した「Raspberry Pi」を完全にサポートします。


つまり「Raspberry Pi」に「Ubuntu 20.04 LTS」をインストールするだけで「Raspberry Pi」がちゃんと動作するということ、そして「Ubuntu 20.04 LTS」で追加された新機能も最大限活用できることを「Canonical」が保証するということです。

また「Canonical」は「Raspberry Pi」で「Ubuntu」のリグレッションテストを継続的に実施し、業界レベルの品質基準を確保しています。
「Canonical」が最高のUXをユーザーに提供できると確信したハードウェアだけが、Ubuntu認定ハードウェアになることができます。


認定が意味する事

「Raspberry Pi」のような認定済みハードウェアでは「Ubuntu」が期待通りに動作することを確認するため、「Canonical」による数千ものテストが実施されます。

認定された「Raspberry Pi」では、「Canonical」がテスト済みのアップデートやセキュリティーパッチを3週間毎に提供できるよう取り組み、また致命的な不具合や脆弱性(CVE)は、即座(1日以内)に修正されます。

最新かつ安全な環境の維持

昨今IoTデバイスもセキュリティーの脅威にさらされており、そのリスクは個人でも企業でも同様に存在するリスクです。
「Ubuntu」を利用する主な利点の1つは、セキュリティーです。


「Ubuntu」のサポート期間中「Canonical」は数千のパッチをリリースし、業界をリードするセキュリティー標準に従っています。

「Canonical」はアップデートをリリースする前に「Canonical」のラボで「Raspberry Pi」のテストを実施しています。
これによりユーザーは、アップデートやセキュリティーパッチによるシステムの破壊(リグレッション)を避けつつ、最新の環境を維持することができます。
 
そしてさらに高度なセキュリティーが必要なら「Ubuntu Core」の利用も可能です。
「Ubuntu Core」はデフォルトでセキュアな環境になるように設計されています。


Raspberry Pi向けUbuntu Server 20.04 LTS

「Raspberry Pi」向けに「Ubuntu Server 20.04 LTS」がリリースされています。

イメージのダウンロード

「Raspberry Pi」向け「Ubuntu Server 20.04 LTS」は、以下からダウンロードできます。


インストールガイド

「Ubuntu Server」のインストール方法を紹介したインストールガイドは、以下で参照できます。


公式の「Raspberry Pi Imager」を利用したインストールについては、以下を参照してください。

 
 

Ubuntu Server 20.04 LTSの新機能と変更点

「Ubuntu Server 20.04 LTS」の新機能と変更点は、以下で参照できます。


また併せて「Ubuntu 20.04 LTS」のリリースノートも参照してください。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション