kledgeb UbuntuやLinuxの最新情報を紹介

geditがクラウドファンディング開始

2020年10月13日、「gedit」の開発者は「gedit」の開発を加速させ最高のアプリに仕上げるため、クラウドファンディングを開始しました。



「gedit」のクラウドファンディングは以下からアクセスできます。


gedit

「gedit」は「GNOME」向けに開発されているテキストエディターです。
「Ubuntu」でもデフォルトのテキストエディターとしてプリインストールされており、愛用されている方も多いのではないでしょうか。

最古のアプリ

「gedit」は数ある「GNOME」コアアプリケーションの中でも最古のアプリの1つです。
「GNOME」の開発がアナウンスされたのは、1997年8月15日のことです。


そして1999年3月3日に「GNOME 1.0」がリリースされました。


「gedit」は1998年に開発され、1999年2月12日に初リリースされました。
いずれも今から20年以上前の出来事です。
それ以来「gedit」は「GNOME」と共に歩み続けています。

最高のアプリにしたい

「gedit」は「Ubuntu」だけでなく様々なLinuxディストリビューションでもデフォルトで採用されているアプリです。
多くのユーザーに浸透しており幅広くインストールされているアプリだからこそ開発者は、「gedit」を改良し最高のコアアプリの1つにしたいと考えています。

簡単なことではない

しかし最高のコアアプリにするためには、避けて通れない課題があります。
上記でも紹介したように「gedit」は1998年に開発された最古のアプリとなっており、コードベース(ソースコード)は古く、そして巨大です。
また「gedit」の主要な機能の実現に必要なソフトウェアコンポーネント(ライブラリー)がいくつかあり、それらの見直しも必要です。

開発者はこれらライブラリーを含む「gedit」の開発により多くの時間を割きたいと考えています。
これらを実現するため開発者は、クラウドファンディングによる支援を求めています。

関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション