kledgeb UbuntuやLinuxの最新情報を紹介
Liveメディアから起動できない場合です。

Liveメディアは正しく作られているか

  ダウンロードしたUbuntuイメージファイルが正しいか確認します。
  自分がダウンロードしたUbuntuイメージファイルのmd5値を、
  UbuntuHashesのページを参考にして確認します。

  例えば、Ubuntu 12.04LTS 64bit版(ubuntu-12.04-desktop-amd64.iso)の
  md5値は、128f0c16f4734c420b0185a492d92e52です。

  以下の画面はUbuntuで確認した時の内容です。


  各OSでのMD5値の確認の仕方は、HowToMD5SUMのページに載っています。

  Windowsの場合、フリーソフトを利用するとよいです。
  Vectorやgoogleで検索すれば、簡単に見つかります。

  もしmd5値が間違っていたら、不正なイメージですのでもう一度最初から
  ダウンロードし直します。

Windowsが立ち上がる

  1.そもそもPCがCD/DVDやUSBから起動できるかマニュアルを確認する

  2.対応している場合、電源投入時に何かしらのキーを押して起動ディスクの選択ができるか
    マニュアルを確認する

  3.BIOS等で設定可能な場合、 マニュアルを見ながら設定を変更する

真っ暗な画面のまま先に進まない

  最初の紫色の画面は表示されるが、
  その後HDDやLiveメディアへのアクセスランプが消灯したまま、
  長い間待っても何も起きない場合は、ブートパラメーターを変更してみます。

  1. Liveメディアから起動

    以下の画面が表示されます。


     ここで、どれでもよいのでキーボードのキーを押します。

  2.言語選択

    以下の画面が出るので、「日本語」を選択します。


  3.メニュー表示

    次に以下の画面が表示されます。


    インストールせずにUbuntuを試してみる/Ubuntuをインストール

       すでに紹介した内容と同じ。

    ディスクの破損をチェックする/メモリテスト

      HDDやメモリのチェックを行います。
      不安ならチェックする。

    一番目のハードディスクから起動

      一番目のハードディスクから、すでにインストール済みのOSを起動する。

    F1 ヘルプ

      日本語化されているので、 一通り読んでおきましょう。

    F6 その他のオプション

      ここでブートオプションを選択します。
      それぞれオプションの意味は、BootOptionsを参考にするとよいでしょう。

      よく使われるのが、
        acpi:ACPIのOn/Off
        nomodeset・vga:グラフィックカードの解像度や色深度関係
 
        vgaはメニューに出てこないので、
        BootOptionsの「Changing the CD Boot Option Configuration Line」を
        参考にして、自分で入力する必要があります。

        vgaに入力する値がよく分からない場合は、
        vga=askにしておくと数値の一覧から選択できるようになります。

      メニューを閉じるときはESCキーで閉じます。

      また、下の方に「Boot Options」とパラメータが表示されていますが、
      quiteとsplashを削除して起動すれば、カネールのログが画面に表示されます。

      それを元に調べてみるのも良いでしょう。

関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション