kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

ログイン時に起動するアプリケーション

  ログイン時にアプリを実行することができます。

  Windowsでも同様ですが、Ubuntuでは各ユーザーと全ユーザー共通で
  ログイン時に起動するアプリケーションを設定することができます。
 

各ユーザーごとの設定

  セッションインジケーターから「自動起動するアプリケーション」を選択します。


  以下の画面が表示されます。


  各項目の左側にあるチェックボックス

    自動起動の有効・無効です。
    チェックボックスをオフにすると、一時的に自動起動を無効に出来ます。

  追加ボタン

    自動起動するアプリを追加します。


    名前

      任意の名称を入力します。

    コマンド

      実行するコマンドを入力します。
      引数も入力できます。

      参照ボタンをクリックすると、コマンド選択画面が表示されます。


    説明

      アプリの説明を入力します。
      任意です。

  削除ボタン

    選択された項目をリストから削除します。

  編集ボタン

    選択された項目を編集します。


  設定の保存場所について

    自動起動するアプリケーションの設定は、[~/.config/autostart」フォルダーに保存されます。
    Windowsでいうところのスタートアップフォルダーみたいなものです。


    それぞれの項目ごとにファイルが作られます。
    ファイルの拡張子は「.desktop」で、デスクトップ設定ファイルと呼ばれます。

    デスクトップ設定ファイルはWindowsでいうところのショートカットファイルです。

    中身は単なるテキストなので、テキストエディターで直接開くことができます。

  

全ユーザー共通の設定

  全ユーザー共通の設定は、「/usr/share/gnome/autostart」フォルダーに保存されています。
  「自動起動するアプリケーション」から設定を編集することはできません。

  自分でデスクトップ設定ファイルを作成しこのフォルダーに置けば、
  全ユーザーログイン時にアプリが実行されます。

  このフォルダ内のファイルを編集するには、ルート権限が必要です。


  「GNOME Login Sound」ファイルに拡張子がありませんが、
  これもデスクトップ設定ファイルです。

  実際は「libcanberra-login-sound.desktop」というファイルです。
  Nautilusがデスクトップ設定ファイルの中身を見て、Nautilus上での名称を変えています。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション