kledgeb UbuntuやLinuxの最新情報を紹介

Grub2の再インストール

  UbuntuをアップデートしたりアップグレードしたらGrub2が起動しなくなった場合や、
  Grub2は起動するけどNo such partitionなどUbuntuが起動できなくなった場合は、
  Grub2を再インストールすることで状況が改善することがあります。

  前提

  • パーティションテーブルの形式はMBR
  • MBRが指すブートマネージャーはGrub2である

  事前準備1

    ライブメディア (ライブCD・ライブUSB)を用意しておきます。

    ライブメディアのUbuntuのバージョンは、
    起動しなくなったGrub2をインストールしたUbuntuのバージョンに合わせておきます。

    複数のUbuntuをインストールしている場合は、
    どのUbuntuのGrub2を利用していたか確認して(思い出して)ください。

    大抵は最新版のUbuntuだと思います。

    例えばHDDにUbuntu 12.04がインストールされていて、
    Grub2もUbuntu 12.04経由でインストールした場合は、
    Ubuntu 12.04のライブメディアを用意しておきます。

  事前準備2

    起動しなくなったGrub2がインストールされているドライブのデバイスファイルを調べておきます。
    例えば/dev/sdaです。

    また/bootディレクトリーが存在するパーティションも調べておきます。
    通常はUbuntuをインストールしたパーティションに存在します。
    例えば/dev/sda1です。

    同じように複数のUbuntuをインストールしている場合は、
    どのUbuntuのGrub2を利用していたか確認して(思い出して)ください。

    大抵は最新版のUbuntuだと思います。

    ライブメディアでUbuntuを起動した際に調べることもできます。

  注意事項

    1.パーティションテーブルの操作は行いませんが、
      念の為HDDのバックアップを取っておくとよいでしょう。

    2.MBRを書き換えるので、デフォルトのブートマネージャーがGrub2になります。
      Widnowsのブートマネージャー経由でGrub2を起動している場合は、
      Windowsからブートマネージャーを再インストールしてください。(MBRの修復)

Grub2の再インストール方法

  再インストールの手順です。

  1.Ubuntuの起動

    ライブメディアからUbuntuを起動します。
  

  2. デバイスファイルの確認

    ディスクユーティリティを起動し、
    Grub2をインストールするドライブのデバイスファイルを確認します。

    ここでの確認はMBRに関する確認です。
    Grub2をインストールするとMBRが置き換わるので、起動ディスクの確認だと思ってください。

    通常はUbuntuをインストールしたドライブです。

    パーティションをマウントしてNautilusで中身を覗けば、
    Ubuntuがインストールされているパーティションかどうか見て分かると思います。

    そのパーティションが存在するドライブのデバイスファイルを確認します。 

    今回は/dev/sdaとします。

  3.パーティションの確認

    /bootディレクトリーが存在するパーティションを調べます。
    通常はUbuntuをインストールしたパーティションに存在します。

    もしUbuntuのインストール時に/bootを別のパーティションに設定した場合、
    そのパーティションがどこにあるか確認してください。

    同じようにパーティションをマウントしてNautilusで中身を覗けば、分かると思います。

  4.パーティションのマウント

    パーティションを確認したら、そのパーティションをディスクユーティリティでマウントします。
    NautilusでマウントしてもOKです。


    マウントするとマウントポイントが表示されるのでそれを覚えておきます。

    マウントポイントをクリックするとNautilusが起動するので、
    マウントポイントのパスをコピーするのが楽です。


  5.Grub2のインストール

    端末を起動して、以下のコマンドを実行します。

      sudo grub-install --boot-directory=/bootディレクトリーのパス 起動ディスクのデバイスファイル

    今回は以下のようにコマンドを実行しました。


    「No error reported」と表示されればインストール成功です。

  6.Grub2の起動確認

    PCを再起動してGrub2が起動するか、Ubuntuが起動するか確認します。
    Ubuntuが起動したら、起動したUbuntuから再度Grub2をインストールします。
    起動しなくなったGrub2をインストールしたUbuntuを起動してください。

    これは「5.」の手順でインストールしたGrub2は、
    ライブメディアにインストールされているGrub2であるため、
    バージョンが少し古い可能性があります。

    再度Grub2をインストールすることで、
    起動したUbuntuにインストールされているGrub2のバージョンに合わせます。

    以下の画像はUbuntu 12.04ライブメディアからインストールしたGrub2です。
    バージョンが「1.99-21ubuntu3」になっています。

 

  7.起動したUbuntuからGrub2のインストール

    端末を起動して、以下のコマンドを実行します。

      sudo grub-install 起動ディスクのデバイスファイル

    今回は以下のようにコマンドを実行しました。
   
 
    「No error reported」と表示されればインストール成功です。

  8.Grub2のバージョンの確認

    PCを再起動してGrub2のバージョンを確認します。

    以下の画像はすべてのアップデートを適用したUbuntu 12.04からインストールしたGrub2です。
    バージョンが「1.99-21ubuntu3.4」になっています。


    UbuntuにインストールされているGrub2のバージョンは、
    Ubuntuソフトウェアセンターから確認できます。

    「grub-pc」で検索してください。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション