kledgeb UbuntuやLinuxの最新情報を紹介

事前準備

  まずは事前準備です。

  1.USBメモリ

    どのディストリビューションの起動ディスクを作成するかにもよりますが、
    1GBもあれば十分です。

    事前にext4等でフォーマットして、Nautilusでマウントしておきます。

  2.ISOディスクイメージ

    CD/DVDのISOディスクイメージからUSB起動ディスクを作成する場合は、
    ダウンロードしておきます。

    UNetbootinでは各種ディストリビューションをダウンロードして
    USB起動ディスクを作成する機能もあります。

    その機能を利用する場合、ISOディスクイメージは必要ありません。
 

USB起動ディスクの作成

  USB起動ディスクを作成します。

  1-1.Linuxディストリビューションをダウンロードする場合

    Linuxディストリビューションをダウンロードする場合、
    「ディストリビューション」を選択します。

    
    「ディストリビューションを選択」からディストリビューションを選択します。
    多種多様なディストリビューションが揃っています。


    次にディストリビューションのバージョンを「バージョンを選択」から選択します。
    以下のバージョンはUbuntuを選択した時のバージョンです。


    12.04が選択肢にありません。
    UNetbootinの最新版をインストールすれば、12.04が表示されますがここでは案内しません。

  1-2.ISOディスクイメージを利用する場合

     ISOディスクイメージを利用する場合は、「ディスクイメージ」を選択します。


    「ディスクイメージ」を選択し、「...」ボタンをクリックします。
    以下の画面が表示されるので、ISOディスクイメージを選択します。


    独特のUIですが、左側リストの「Computer」を選択すればルートフォルダーに移動できます。
    そこからISOディスクイメージのあるフォルダーまで移動します。


  2.USBドライブの選択

    「タイプ」で「USB ドライブ」を選択し、
    「ドライブ」でUSBドライブのパーティションのデバイスファイルを選択します。


    準備ができたら「OK」ボタンをクリックします。

  3.起動ディスクの作成

    Linuxディストリビューションをダウンロードする場合、まずダウンロードが行われます。
   

    後は処理が終わるまで待つだけです。

    以下の警告が表示されたら、Nautilusでマウントしてください。


    以下の警告が表示されたら、「Yes to All」ボタンをクリックします。


   4.作成完了

    以下の画面が表示されたら作成完了です。


    PCを再起動してUSBメモリからOSが起動できるか確認してみるとよいでしょう。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション