kledgeb UbuntuやLinuxの最新情報を紹介

Clipit

  Clipitはクリップボードの履歴を管理するインジケーターです。


  アプリ名は「clipit」です。

インストール

  Ubuntuソフトウェアセンターを起動し、「clipit」で検索します。


  「インストール」ボタンをクリックします。

  アドオンについて

    以下のアドオンが用意されています。


    「Simulate X11keyboard/mouse input」は、キーボードの操作やマウスの操作をソフトウェアで実現するアプリです。
    Clipitの一部の機能でこのソフトウェアを利用しています。
    必須ではありませんが一緒にインストールしておくと良いでしょう。

起動

  通常はログイン時に自動起動させる使い方になると思いますが、Dashホームから起動することも可能です。
  Dashホームから以下のように起動します。


  ログイン時に自動起動したい場合

    自動起動するアプリケーションを起動し、以下の項目を追加します。


     「コマンド」は「clipit」にします。
    コマンド以外の項目は任意です。
    分かりやすい名称を入力しておきます。

    「追加」ボタンをクリックして完了です。


  初回起動時の警告について

    Clipitの初回起動時に以下の画面が表示されます。


    適当に意訳します。
    Clipitにはクリップボードの履歴を保存する機能があります。
    Clipitはクリップボードの履歴を暗号化せずに平文でテキストファイルに保存します。
    パスワード等の機密情報も、コピーするとそのまま履歴に残り保存されます。
    誰でもそれらの機密情報にアクセスできてしまいます。

    履歴保存機能を有効にしますか?

    機能を有効にするなら「はい」ボタンをクリックします。
    機能を無効にするなら「いいえ」ボタンをクリックします。

インジケーターメニュー

  インジケーターをクリックすると、以下のようにメニューが表示されます。


 

  クリップボード履歴(あいうえお 〜 さしすせそ)

    クリップボードの履歴です。
    各項目をクリックすると、文字列がクリップボードにコピーされます。

  情報

    バージョン情報を表示します。


  Manage history

    クリップボードの履歴の管理画面を表示します。

  設定

    設定画面を開きます。

  終了

    インジケーターを終了します。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション