kledgeb UbuntuやLinuxの最新情報を紹介

VMware Player 6.0

  「VMware Player 6.0」が2013/9/6にリリースされました。
  ここではUbuntu 13.04 64bit版に「VMware Player 6.0」をインストールします。

  1.ダウンロード

    VMwareのサイトから、「VMware Player 6.0」をダウンロードします。
    Ubuntu 13.04 64bit版にインストールするので、「VMware Player and VMware Player Plus for Linux 64-bit」をダウンロードします。


    32bit版のUbuntuを利用している人は、 「VMware Player and VMware Player Plus for Linux 32-bit」をダウンロードします。

  2.ダウンロード完了

    適当なフォルダーにダウンロードします。
    ダウンロードしたファイルは、「VMware Player」のインストーラーです。


  3.アクセス権の変更

    ダウンロードしたファイルのプロパティー画面を表示し、アクセス権の変更を行います。
    以下のように「プログラムとして実行可能」チェックをオンにします。


  4.インストーラーの起動

    インストーラーは「root」で起動する必要があります。
    「端末」を起動し、以下のようにインストーラーを実行します。

      gksudo  インストーラー


    「gksudo 」と入力してNautilusからインストーラーをドラッグ&ドロップすると楽です。

  5.ライセンスの確認 1

    インストーラーが起動すると、以下のようにライセンス確認画面が表示されます。


    問題なければ、「I accept the terms in the agreement.」をクリックし、「Next」ボタンをクリックします。

  6.ライセンスの確認 2

    以下のようにライセンス確認画面が表示されます。


    問題なければ、「I accept the terms in the agreement.」をクリックし、「Next」ボタンをクリックします。

  6.ライセンスキーの入力

    有償版として利用する場合、ライセンスキーを入力します。
    無償版として利用する場合、空のままにします。


    「Next」ボタンをクリックします。 

  7.インストール準備完了

    以上でインストール準備が完了します。


    「Install」ボタンをクリックします。  

  8.以前のバージョンのアンインストール

    「VMware Player 5.0.2」など以前のバージョンの「VMware Player」がすでにインストールされている場合、まず以前のバージョンの「VMware Player」がアンインストールされます。


  9.インストール

     「VMware Player 6.0.0」がインストールされます。


  10.インストール

    インストールが完了すると、以下の画面が表示されます。


    「Close」ボタンをクリックして、インストール完了です。

  11.VMware Playerの起動

    DashからVMware Playerを起動します。


    特に問題もなくVMware Playerが起動しました。

    バージョンを確認すると、以下のように6.0.0になっています。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション