kledgeb UbuntuやLinuxの最新情報を紹介

GRUB 2のブートメニューのWindowsから起動できないバグ

  UEFIでインストールしたWindows及びUbuntuの環境において、UbuntuのGRUB 2のブートメニューに表示されるWindowsを選択しても、Windowsが起動できない不具合が報告されています。

  update-grub generates only BIOS based menu entries for Windows, even on UEFI systems 

  回避策は以下の「GRUB 2のブートメニューにWindowsが表示されないバグ」と同じです。

GRUB 2のブートメニューにWindowsが表示されないバグ

  UEFIでインストールしたWindows及びUbuntuの環境において、UbuntuのGRUB 2のブートメニューにWindowsが表示されない不具合が報告されています。

  GRUB2 fails to detect/add Windows entries on a UEFI system 

  以下の環境は、Windows 8とUbuntu 13.04をUEFIでインストールした環境です。
  見ての通り、メニューの中にWindows 8が存在しません。


  この問題が修正されるまでの回避策として、以下の方法が上げられています。

  1. UEFIのBoot Managerから起動するOSを選択する
  2. Boot Repairで修復する

  1.UEFIのBoot Managerから起動するOSを選択する

    そもそもOSの起動は、UEFIがOSローダーを実行することでOSを起動するため、UEFIのBoot Managerから起動するOSを選択する方法です。


    UEFIのBoot Managerの画面は、PCにより異なります。
    詳しくはPCの説明書を参考にしてください。

  2.Boot Repairで修復する 

    Boot Repairで修復すると、ブートメニューにWindowsが表示されるようになるとの事です。
    ただこの方法ではうまくいかなかった人もいるようです。

    「1.」の方法が確実ですので、OSの選択は「1.」で行うと良いでしょう。

UEFI&BIOS混在環境でデュアルブートできないバグ

  UEFI + BIOS混在環境でデュアルブートできないバグです。
  そもそもUEFI + BIOS混在環境はおすすめしません。

  Ubiquity fails creating a correct Windows dualboot on EFI computers (grub-pc <-> grub-efi)  

  • WindowsをUEFIでインストールし、UbuntuをBIOSでインストールした
  • UbuntuをUEFIでインストールし、WindowsをBIOSでインストールした

  このような状況では、デュアルブートが機能しないとのことです。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション