kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

Windowsのブートマネージャーが起動できるようにする

  以前紹介した「MBRを復元する」の修復機能を利用して、UbuntuのGRUB2が起動するHDDを、
Windowsのブートマネージャーが起動するように変更してみます。

  この環境にはHDDが2つ接続されており、各HDDのパーティション構成は以下の通りです。

  sda

    1台目のHDD「sda」は以下のパーティション構成になっています。


    sdaのブートローダー

      「sda」からPCを起動すると、以下のように「sda1」の「GRUB2」が起動します。


    sda1

      Ubuntu 13.10がインストールされています。

  sdb

    2台目のHDD「sdb」は以下のパーティション構成になっています。


    複数のUbuntuやWindows 7がインストールされています。

    sdbのブートローダー

      「sdb」からPCを起動すると、以下のように「sda1」の「GRUB2」が起動します。


    sdb3

      Windows 7のシステムパーティションです。
      このパーティションにインストールされているWindows 7のブートマネージャーが起動するように変更します。

    sdb4

      Windows 7をインストールしたパーティションです。

Boot Repairで修復する

  Ubuntu 13.10で「Boot Repair」を起動します。
  「MBRを復元する」を参考に、「高度なオプション」から「MBR復元」を行います。

  1.修復の設定

    ポイントは「MBRのオプション」タブで、復元するMBRのイメージや復元先のHDDを指定することです。
    「sdb」から「sda3」のWindows 7のブートマネージャーを起動するため、以下のように設定を行います。


    後は「適用」ボタンをクリックして、修復を行います。

  2.修復完了

    修復完了後に、「BootInfoサマリ」から修復内容を見ると、以下のようになっています。

Custom-Repair
This setting will restore the [(generic mbr)] MBR in sdb, and make it boot on sdb3.

Will restore the MBR_TO_RESTORE : sdb (generic mbr) into sdb
dd if=/usr/lib/syslinux/mbr.bin of=/dev/sdb

0+1 レコード入力
0+1 レコード出力
440 バイト (440 B) コピーされました、 0.0132292 秒、 33.3 kB/秒

    ポイントは赤字の箇所です。
    「sdb」のMBRに「generic mbr」をインストールし、sdb3から起動できるようにする、と出力されています。

  3.PCの再起動

    修復が反映されているか、PCを再起動して確認します。

  4.ブートデバイスの選択

    PC起動時にブートデバイスの選択画面を表示し、起動に使用するHDDを選択します。
    「sdb」に相当するHDDは、2番目のHDDなので「2) Hard disk」を選択します。


  5.Windows 7の起動

    今までは「sda1」の「GRUB2」が起動していましたが、以下のようにWindows 7のブートマネージャー(Windows)が起動するようになりました。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション