kledgeb UbuntuやLinuxの最新情報を紹介

おすすめの修復

  「Boot Repair」では、起動に関する問題の修復を自動で行う「おすすめの修復」機能があります。
  ここでは「UEFI + GPT」環境でどのような結果になるか見てみます。

  ここでは「おすすめの修復」完了までの流れを見てみます。


使用上の注意

  「おすすめの修復」は常におすすめとは限りません。

  解決方法を知っている場合

    何が原因でUbuntuが起動できない状態なのか把握しており、どうすればその問題を解決できるのか自分で調べられる、もしくはすでに解決方法を把握している場合は、「おすすめの修復」ではなくその方法で問題の解決を検討したほうが良いでしょう。

  おすすめの修復とは

    「おすすめの修復」では、現状Ubuntuが起動できない状況を、とにかくUbuntuが起動できるように状況の改善や修復を行います。

  困ることもある

    修復自体は一般的な利用において問題になることはありませんが、複数のHDDが接続されており、各HDDにEFIシステムパーティションが存在する場合、修復前とは異なるEFIシステムパーティションが使われるようになることがあります。

    例

      EFIシステムパーティションが「sda1」と「sdb2」にあり、「sda2」にインストールしたUbuntuは「sda1」のシステムパーティションを利用していたとします。

      おすすめの修復実行後、「sda2」にインストールしたUbuntuが「sdb2」のEFIシステムパーティションを利用するようになることがあります。

      「sda2」にインストールしたUbuntuが、「sda1」のEFIシステムパーティションを利用するように、再度変更したくなるかもしれません。

  ということで

    ここでいう「おすすめの修復」の「おすすめ」はユーザーが意図・期待した通りに都合よく修正してくれるということではなく、小難しい内容を排除しUbuntuを起動できる状態にしてくれる、と捉えたほうが良いでしょう。

    とはいえ、OSが起動できなければ何もできず困りますし、原因の調査や修正は内容が難しくてどうしようもない、自分で修正しようとするとさらに状況を悪化させかねない、といった事情もあります。

    上記の点を踏まえて「おすすめの修復」を行うか検討しましょう。

環境

  「おすすめの修復」を行う環境です。

  sda

    1台目のHDDです。


    sda1

      EFIシステムパーティションです。
      「sda2」にインストールしたUbuntu 13.10のOSローダーがインストールされています。

    sda2

      Ubuntu 13.10がインストールされています。

    sda3

      Ubuntu 13.10が利用するスワップパーティションです。

  sdb

    2台目のHDDです。


    sdb1

      Windows 8の回復パーティションです。

    sdb2

      EFIシステムパーティションです。
      「sda4」にインストールしたWindows8と、「sda5」にインストールしたUbuntu 13.04のOSローダーがインストールされています。

    sdb3

      Microsoft 予約パーティション(MSR)です。
      一部のWindowsアプリで利用されるパーティションです。

    sdb4

      Windows 8がインストールされたパーティションです。
      いわゆるCドライブです。

    sdb5

      Ubuntu 13.04がインストールされたパーティションです。

    sdb6

      Ubuntu 13.04が利用するスワップパーティションです。

  Ubuntu 13.10のEFIシステムパーティション

    上記にも記述したとおり、Ubuntu 13.10が利用するEFIシステムパーティションは、「sda1」です。
    「システムモニター」から確認すると、以下のように「sda1」が「/boot/efi」にマウントされていることが分かります。


  UEFIのブートマネージャーの管理画面

    UEFIのブートマネージャーの管理画面にOSローダーは登録されていません。
    今回テストのために、登録されていたWindows 8やUbuntuのOSローダーは全て削除しています。


  Ubuntu 13.10のブートメニュー

    Ubuntu 13.10の「GRUB2」のブートメニューは以下のようになっています。
    「sda2」にインストールされた「GRUB2」が起動しています。

    「おすすめの修復」を行うと、このブートメニューのメニュー構成が一部変更になるため、ここで紹介しています。


    Ubuntu

      「sda2」のUbuntu 13.10を起動します。

    Advanced options for Ubuntu

      Ubuntu 13.10のリカバリー用の起動メニューが表示されます。

    Windows Boot Manager (UEFI on /dev/sdb2)

      Windows 8を起動します。

    Ubuntu 13.04 (13.04)

      「sda5」のUbuntu 13.04を起動します。
      

    Advanced options for Ubuntu 13.04 (13.04)

      Ubuntu 13.04のリカバリー用の起動メニューが表示されます。

おすすめの修復を行う

  実際に「おすすめの修復」を実行してみます。

  BootInfoサマリについて

    「おすすめの修復」を行うと、「BootInfoサマリ」が作成され、さらにどのような修復を行ったのか情報が出力されます。

    以下の説明では「BootInfoサマリ」作成の流れは省略しています。
    「BootInfoサマリ」作成の流れはリンク先を参考にしてください。

  1.おすすめの修復

    「Boot Repair」を起動し以下の画面が表示されたら、「おすすめの修復」ボタンをクリックします。


  2.修復

    以下のように修復が開始されます。


  3.セキュアブートの確認

    環境によってはセキュアブートをオフにするように促されます。


    セキュアブートが有効な場合

      もしセキュアブートが有効な状態でUbuntuを起動している場合は、「いいえ」ボタンをクリックし、修復を中止してください。

      その後、UEFIの設定画面からセキュアブートをオフにし、再度「Boot Repair」から「おすすめの修復」を行ってください。

      セキュアブートの確認やUEFIの設定画面の表示方法は、PCによって異なります。
      PCの説明書を確認してください。

    セキュアブートが無効な場合

      「はい」ボタンをクリックして、修復を続行します。

  4.WindowsのOSローダー置き換えの確認

    環境によっては、WindowsのOSローダーを「GRUB2」のOSローダーに置き換えるか確認が行われます。

    Windowsは起動時に、UEFIに自身のOSローダーを登録し、UEFIが起動する既定のブートマネージャーに設定します。
    この結果、次回以降常にWindowsが起動するようになり、「GRUB2」が起動しなくなります。 

    UEFIのブートマネージャー選択画面から、Ubuntuを既定に戻したり、Ubuntuを起動することが可能ですが、Windowsが起動するたびにUEFIが起動する既定のブートマネージャーをWindowsに設定してしまいます。

    またUEFIの実装によっては、常にWindowsを起動するようハードコーディングされているUEFIもあります。
    このようなPCの場合、「GRUB2」を起動することができません。
    特にWindowsがプリインストールされているメーカー製のPCは注意が必要です。

    これらを避けるため「Boot Repair」では、WindowsのOSローダーを「GRUB2」のOSローダーに差し替え、「GRUB2」が起動するように変更します。

    Windowsは「GRUB2」経由で起動することができます。


    ここでは例として「はい」をクリックしました。

    補足

      後で「高度なオプション」から、差し替えた「GRUB2」のOSローダーをWindowsのOSローダーに戻すことができます。
   

  5.修復完了

    修復が完了すると、以下のような画面が表示されます。


    起動ディスクについて

      修復後、どのディスクから起動すればよいか情報が表示されます。
      上記の画面では、以下のように表示されています。

BIOSはsda (107GB)ディスクにブートすることを忘れないでください!

      この環境はUEFIで、かつ、従来MBRが担っていた役割はOSローダーに移っており、UEFIが管理するブートマネージャーに「ubuntu」がこの時点で追加されています。

      このメッセージは、気にしなくてよいです。

    警告について

      環境によっては以下のような警告が表示されます。
      「/boot」が遠い位置にあり、GRUB2が起動できないかもしれない、という警告です。
      UEFI環境でこの問題が(バグを除いて)起きることはまずないでしょう。

      この環境では問題なくUbuntu(GRUB2)が起動できました。

[今使っているOS - Ubuntu 13.10]のブートファイルが、ディスクのスタート位置から遠く離れた位置にあります。BIOSはこれを検知できないでしょう。 /bootパーティションを作ったあとで、再度試した方がいいかもしれません (EXT4, >200MB, ディスクの開始). これはgPartedのようなツールを介して実行することができます。 [ブート修復]オプションの [別パーティションに/bootを構成:] から、このパーティションを選択して下さい。 (https://help.ubuntu.com/community/BootPartition)

    Backup and rename Windows EFI files

      「4.」の手順でOSローダーの差し替えを行ったため、以下のメッセージが表示されています。

[Backup and rename Windows EFI files]オプションを無効にした後に再試行することができます。

      「高度なオプション」からOSローダーを元に戻すことができます。

  6.PCの再起動とUEFIのブートマネージャーの確認

    PCを再起動し、問題がないか確認します。
    以下のように「GRUB2」のブートメニューが表示されればOKです。


    「Ubuntu」を選択して、Ubuntuを起動します。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション