kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

UEFIの設定が保存されない

  現状VirtualBoxではブートオプションが保存されず、仮想マシンをオフにするとブートオプションの設定が初期化されます。

  例えばUbuntuをUEFIでインストールすると、以下のようにブートオプションに「ubuntu」が追加されます。


    しかし、一旦仮想マシンをオフにした後その仮想マシンを起動すると、以下のようにブートオプションにあった「ubuntu」の項目が削除されています。


    この状態で起動を続行すると、Ubuntuが起動できず以下のようにShellが表示されます。


Ubuntuを起動する

  VirtualBoxのUEFIから起動できるようにブートローダーに手を食える必要がありますが、Ubuntuから操作を行うため、まずUbuntuを起動できるようにします。

  1.Boot Maintenance Manager

    UEFIの画面を表示したら「Boot Maintenance Manager」を選択して「エンター」キーを押します。 


  2.Boot Option

    以下の画面が表示されるので「Boot Option」を選択して「エンター」キーを押します。 


  3.Add Boot Option

    以下の画面が表示されるので「Add Boot Option」を選択して「エンター」キーを押します。 


  4.HDDの選択

    以下のような画面が表示されるので、UbuntuをインストールしたHDDを選択して「エンター」キーを押します。


  5.EFIの選択

    HDDからEFIシステムパーティションが検索され、以下の画面が表示されるので、「<EFI>」選択して「エンター」キーを押します。


  6.ubuntuの選択

    以下の画面が表示されるので、「<ubuntu>」選択して「エンター」キーを押します。


  7.ubuntuの選択

    以下の画面が表示されるので、「shimx64.efi」を選択して「エンター」キーを押します。


  8.descriptionの選択

    以下の画面が表示されるので、「Input the description」選択して「エンター」キーを押します。


  9.descriptionの入力

    以下のように「ubuntu」と入力します。
    入力したら「エンター」キーを押します。


  10.descriptionの入力完了

    以下のようになります。


  11.Boot Optionの追加

    「Commit Changes and Exit」を選択して「エンター」キーを押します。


  12.Boot Managerの表示

    「ESC」キーを何回か押し、トップの画面に戻ります。
    「Boot Manager」を選択して「エンター」キーを押します。


  13.Ubuntuの選択

    以下のように先ほど追加した「ubuntu」があるので、「ubuntu」を選択し「エンター」キーを押します。


  14.Ubuntuの起動

    以下のようにUbuntuが起動します。


ブートローダーの修正

  VirtualBoxはfallbackによりデフォルトのブートローダーを起動します。
  これを利用して、Ubuntuのブートローダーをデフォルトのブートローダーにします。

  1.ブートローダーのコピー

    「root」でNautilusを起動し、「/boot/efi/EFI」フォルダーを開きます。
    以下のように「ubuntu」フォルダーがあるので、このフォルダーをコピーします。
 

  2.ブートローダーのコピー完了

    以下のようにブートローダーをまるごとコピーします。


  3.フォルダー名の変更

    コピーしたブートローダーのフォルダー名を「boot」に変更します。


  4.ブートローダー名の変更

    「/boot/efi/EFI/boot」フォルダーを開きます。
    以下のように「shimx64.efi」ファイルがあります。

    このファイルのファイル名を「bootx64.efi」に変更します。


  5.ブートローダー名の変更完了

    以下のようになります。


    これで作業は完了です。
    確認のためUbuntuをシャットダウン後、仮想マシンをオフにし、再度仮想マシンを起動します。

  6.UEFIブートマネージャーの確認

    仮想マシン起動時にUEFIブートマネージャーを確認します。
    以下のように「ubuntu」がありません。


  7.Ubuntuの起動

    トップ画面に戻り「Continue」を選択し、「エンター」キーを押します。


  8.Ubuntuの起動

    以下のようにUbuntuが起動すればOKです。


    上記では確認のためUEFIの画面を表示しましたが、UEFIの画面を表示しなくてもUbuntuが起動します。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション