kledgeb UbuntuやLinuxの最新情報を紹介

Ubuntu・Kubuntu・Xubuntu・Lubuntu・Ubuntu GNOMEの比較 (14.04版)

  以前バージョン12.10の時に、Ubuntu・Kubuntu・Xubuntu・Lubuntuの比較を行いました。
  今回リリースされたバージョン14.04はLTS版ということもあり、14.04版でUbuntu及び各フレーバーを比較してみました。


  またバージョン13.04から新たにフレーバーとして加わったUbuntu GNOMEも、比較の対象に追加しました。

  環境について

    今回比較するUbuntu及び各フレーバーは、以下の環境にインストールしています。

  • VirtualBox 4.3.10
  • 各OSは日本語環境にセットアップ済み
  • VirtualBox Guest Addtionsをインストール済み 
  • すべてのアプリ(パッケージ)をアップデート済み
  • OSのバージョンは14.04 64bit版
  • UEFIでインストール

    あくまでVirtualBox上で比較した内容なので、各種数値は参考程度に留めてください。

比較内容と比較結果

  Ubuntu及び各フレーバーの比較内容と比較結果です。
 
比較項目 Ubuntu Kubuntu Xubuntu Lubuntu Ubuntu GNOME
デスクトップ環境 Unity KDE Xfce LXDE GNOME
メモリー使用量 374MiB 408MiB 281MiB 174MiB 352MiB
HDD使用量 5.6GiB 5.63GiB 4.85GiB 4.26GiB 5.2GiB
起動時間 19秒 18秒 17秒 13秒 19秒
UI Mac OS X WindowsXP
Windows7
WindowsXP
Windows7
Windows 98
Windows 2000
Windows 8
日本語対応 問題なし 英語表記のUIあり 問題なし ほぼ問題なし 問題なし
OpenGL
情報量 5950万件 248万件 197万件 157万件 119万件
情報量(日本語) 180万件 7.6万件 10.5万件 12.4万件 2.7万件
サポート期間(通常) 9ヶ月 9ヶ月 9ヶ月 9ヶ月 9ヶ月
サポート期間(LTS) 5年 5年 3年 3年 3年

デスクトップ環境

  各OSで採用しているデスクトップ環境の名称です。

メモリー使用量

  メモリー使用量は、OSにログインした後のOSのメモリーの使用量です。
  ログイン後に1分程度待ち、「free」コマンドで表示された値を元にしています。

  また参考のために、システムモニターを起動した時のメモリー使用量も載せます。
  システムモニターの起動は、各OSが標準で用意しているランチャーから起動しています。

  Ubuntu

    Ubuntuのシステムモニターです。
    Dashを経由してシステムモニターを起動したため、メモリの使用量が増加しています。


  Kubuntu

    Kubuntuのシステムモニターです。
    大きな変化はありませんでした。


  Xubuntu

    Xubuntuのタスクマネージャ(システムモニター相当のアプリ)です。
    大きな変化はありませんでした。


  Lubuntu

    Lubuntuのタスクマネージャ(システムモニター相当のアプリ)です。
    大きな変化はありませんでした。


  Ubuntu GNOME

    Ubuntu GNOMEのシステムモニターです。
    大きな変化はありませんでした。


  まとめ

    XubuntuとLubuntuのメモリー使用量の少なさが見て取れます。
    Ubuntu GNOMEもUbuntuやKubuntuに比べれば、少ないです。

    ただUbuntu・Kubuntu・Ubuntu GNOMEは、Windows XP時代のような性能の低いPCには向いておらず、それなりの性能を持ったPCで利用することになります。
    その場合、数十MiBの差は大した差ではないのかもしれません。

    いずれにせよ、アプリを複数起動して利用するわけですから、メモリーを1GiB搭載しているから問題ない、といった判断はできません。

    結局自分の使い方でメモリーが足りるかどうか試用した上で決めることになります。

    UbuntuのDashについて

      Ubuntuの場合、Dashを開いただけで60MiBほどメモリーの使用量が増えます。

      Dashはただのアプリケーションランチャーではなく、様々な情報を検索して表示します。
      HDD等ローカル上のリソースだけでなくWeb上のリソースも対象になります。
      ブラウザーのブックマークを検索したり、計算機にもなります。
      アプリのインストールやアンインストールも可能です。

      Dashは多機能なためか、メモリー使用量も多めになっています。

      ただ、オンライン検索を無効にすれば、メモリー使用量の増加は30MiB程度に収まります。
      加えて必要ないDashプラグインを無効にすれば、さらにメモリー使用量を削減することができるでしょう。

HDD使用量

  ルートパーティション(OSをインストールしたパーティション)の使用量です。
  EFIシステムパーティションやスワップパーティションは含まれません。

  VirtualBox Guest Addtionsのインストールや、VirtualBox Guest Addtionsをビルドするためのパッケージ等を後からインストールしているため、素の状態だともう少しHDDの使用量は少なめになります。

  Ubuntu

    UbuntuのHDD使用量です。


  Kubuntu

    KubuntuのHDD使用量です。


  Xubuntu

    XubuntuのHDD使用量です。


  Lubuntu

    LubuntuのHDD使用量です。


  Ubuntu GNOME

    Ubuntu GNOMEのHDD使用量です。


  まとめ

    Lubuntuが最もHDDの使用量が少ないです。
    次点でXubuntuのHDDの使用量が少ないです。

    ただLubuntuもXubuntuも標準でインストールされるアプリの構成がシンプルですから、他のOSよりも後からアプリをインストールする機会が多くなると思います。

    例えばLubuntuもXubuntuもLibreOfficeがインストールされていません。
    LibreOfficeをインストールすると、400MiB以上HDDの使用量が増えます。

    使い方により、結果的に大きな差にならないケースもあります。

起動時間

  OSが起動してからログイン画面が表示されるまでの時間です。
  ホスト側はスワップが発生しないようにしていますが、ホスト側のディスクキャッシュ等不安定な要素があるので、それなりに見ておいたほうが良いです。

  Lubuntuが最も早いのは、以前と変わりません。

  軽量と言われているXubuntuとUbuntuやKubuntu等を比較すると、殆ど差がないように見えます。
  しかしログイン後の時間まで含めると、Xubuntuの方が明らかに早く、そこそこの差がつくでしょう。

UI

  UIの構成を他のOSで表現しています。
  あくまで見た目や使い方が似てるというだけです。

  Windowsで言うところのスタートメニュー(アプリケーションランチャー)や、メニュー構成、Windowsで言うところのタスクバーの構成等を対象にしています。

  Ubuntu GNOMEは、いわゆるスタートメニューが全画面で表示されるというだけで、Windows 8のModern UIの中身とは大きく異なります。

日本語対応について

  いずれのOSも日本語の入力や表示は可能です。

  UIの日本語化に焦点を当てています。
  標準でインストールされるアプリが対象になります。

  Lubuntuは日本語化が進み、使いやすくなりました。
  Kubuntuはまだまだ英語で表示されるUIが多く、特にシステム設定に関しては英語表記のUIが多いです。

OpenGL

  デスクトップ環境がOpenGLを要求し、かつ、OpenGLの性能が高いほうが快適に利用できる場合は「○」と記述しています。
  それ以外は「ー」と記述しています。

  Kubuntuは細かなカスタマイズが可能なので、自分でパフォーマンスを調整することができます。

  Windowsに置き換えて表現すると

    Windows VistaやWindows 7で言うところのAero相当の機能を使用する場合は「○」になります。
    Windowsでは3Dの描画に「Direct3D」を使用しますが、Ubuntuやフレーバーではこれが「OpenGL」になります。

  どのフレーバーでもOpenGLが利用できます

    デスクトップ環境がOpenGLを要求するというだけですので、XubuntuやLubuntuでOpenGLを利用できないということはありません。

    XubuntuやLubuntuでも3DモデリングツールのようなOpenGLを使用するアプリを利用することができます。
    もちろんその場合は、そのアプリを快適に使用するためにOpenGL性能の高いGPUが必要になります。

    OpenGLのサポート状況についてはいずれのフレーバーもベースがUbuntuと同じであるため、Ubuntu以外のフレーバーでも同様にOpenGLのアプリが利用できます。

    そういう意味ではUnityは、OpenGLを使用するアプリの一つと捉えることができます。

情報量について

  「OS名」で検索したWeb上の情報量です。
  あくまでも目安です。

   日本語のサイトも含みます。

情報量(日本語)

  「OS名」で検索し、日本語のサイトを対象にした時のWeb上の情報量です。
  あくまでも目安です。

  日本語の情報量が多いほうが利用する上で楽かと思います。

   いずれのOSも「Ubuntu Japanese Team」のフォーラムで質問することができますが、利用者が少ないOSだと回答が付きにくいかもしれません。

サポート期間(通常)

  通常リリース(非LTS)のサポート期間です。
  表内の記述は通常リリースであるバージョン 13.10のサポート期間です。

  現状通常リリースのサポート期間は、どのOSも9ヶ月です。

サポート期間(LTS)

  LTS版(Long Term Support)のサポート期間です。
  表内の記述は、LTS版であるバージョン 14.04のサポート期間です。

  OSによりサポート期間が異なるため、注意が必要です。

どれを選ぶか?

  実際に試用して気に入ったOSを選んでください。

  ハードウェア性能が低いため軽いのがいい・Ubuntuでは重かった

    ハードウェアの性能が良くない場合、XubuntuかLubuntuを選択することになります。
    最軽量はLubuntuですが、試用して使いやすかった方を選択するとよいでしょう。
   

  日本語じゃないと困る

    Ubuntuがお勧めです。

    「Ubuntu Japanese Team」では「Ubuntu Desktop 日本語 Remix」のディスクイメージを配布しており、日本語のサイトからディスクイメージをダウンロードできます。
      標準でインストールされるアプリも日本語化されており、利用に困ることはないでしょう。

    「Ubuntu Desktop 日本語 Remix」のおかげで、ライブメディアから起動したUbuntuで日本語が利用可能なだけでなく、日本語入力等日本語環境も充実しています。

    Ubuntu以外であれば、Kubuntuを除くOSが良いでしょう。

  Linuxを使ったことがない

    Ubuntuがお勧めです。
    Web上だけでなく雑誌等の情報量も多く、ユーザー数も多いです。

    トラブルや不具合情報も入手しやすく、トラブル対処が容易になります。
   
    大抵の質問には答えが返ってきますし、雑誌でも取り上げられる機会も多いと思います。
    また日本語Remixが存在するのも、Ubuntuだけです。

  細かくカスタマイズしたい

    見た目のカスタマイズやアニメーション効果、アプリのカスタマイズを細かく行いたいのなら、Kubuntuがお勧めです。

    Kubuntuは多機能なアプリが多く、使い勝手の良いアプリがたくさんあります。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション