kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

ウィンドウオプションの設定を行う

  設定画面を開き、左側のリストから「ウィンドウ」を選択し、「ウィンドウオプション」のタブをクリックすると、スクリーンキーボードの表示方法に関する設定を行うことができます。


ドッキング

  スクリーンキーボードの表示位置に関する設定です。

  画面の端に固定する

    チェックをオンにすると、スクリーンキーボードを画面端に固定して表示します。
    スマフォで表示されるスクリーンキーボードのような表示になります。

    また、スクリーンキーボードは画面(ワークエリア)の中央にセンタリングされて表示されます。


    チェックをオフにすると、ユーザーが指定した位置にスクリーンキーボードを表示します。

  「設定」ボタン

    スクリーンキーボードを画面端に表示する際、「設定」ボタンをクリックすれば詳細な設定を行うことができます。
    後述の「ドッキングの設定」を参考にしてください。
  

フローティングウィンドウのオプション

  スクリーンキーボードやフローティングアイコンの表示に関する設定です。

  ウィンドウの装飾を表示

    チェックをオンにすると、スクリーンキーボードにウィンドウのタイトルバーが表示されます。


    チェックをオフにすると、スクリーンキーボードにウィンドウのタイトルバーが表示されなくなります。


    補足

      「ウィンドウを強制的に前面に表示」のチェックをオンにしている時は、常に「ウィンドウの装飾を表示」が無効になります。

  表示中のワークスペースに常に表示

    チェックをオンにすると、すべてのワークスペースにスクリーンキーボードを表示・配置します。


    チェックをオフにすると、スクリーンキーボードは1つだけ表示・配置されます。


    補足

      「ウィンドウを強制的に前面に表示」のチェックをオンにしている時は、常に「表示中のワークスペースに常に表示」が有効になります。

  ウィンドウを強制的に前面に表示

    チェックをオンにすると、スクリーンキーボードを常に他のウィンドウより前面に配置します。
    通常でもスクリーンキーボードは他のウィンドウより前面に配置されますが、常に前面に配置するウィンドウが他にあっても、そのウィンドウより前面に表示されるようになります。

    チェックをオフにすると、常に前面に配置するウィンドウが他にあった場合、そのウィンドウより前面に表示することはありません。

ドッキングの設定

  「画面の端に固定する」設定の「設定」ボタンをクリックすると、以下の設定画面が表示されます。


  ワークエリアを縮小する

    ワークエリアとは、アプリのウィンドウを最大化した時に、アプリのウィンドウが表示されるエリア(範囲)のことです。

    チェックをオンにすると、以下のようにスクリーンキーボードを表示するエリアを、アプリのウィンドウが表示できるエリアから除外します。


    チェックをオフにすると、以下のようにスクリーンキーボードを表示するエリアを、アプリのウィンドウが表示できるエリアから除外しません。


  画面の横方向に拡大する

    チェックをオンにすると、スクリーンキーボードの横幅を、ワークエリアの横幅に合わせて表示します。
    ディスプレイが横長の時に適用される設定です。


    チェックをオフにすると、スクリーンキーボードの横幅はユーザーが指定した横幅になります。
    スクリーンキーボードの表示位置は、ワークエリアの中央にセンタリングされて表示されます。


  画面の縦方向に拡大する

    チェックをオンにすると、スクリーンキーボードの横幅を、ワークエリアの横幅に合わせて表示します。
    ディスプレイを回転している時など、ディスプレイが縦長の時に適用される設定です。
    チェックをオフにすると、スクリーンキーボードの横幅はユーザーが指定した横幅になります。
    スクリーンキーボードの表示位置は、ワークエリアの中央にセンタリングされて表示されます。

  画面の端に固定する

    スクリーンキーボードの表示位置を以下のメニューから選択します。


    上

      スクリーンキーボードを画面の上部に固定して表示します。


    下

      スクリーンキーボードを画面の下部に固定して表示します。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション