kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

スクリーンキーボードの入力支援を設定する

  設定画面を開き、左側のリストから「ユニバーサルアクセス」を選択すると、スクリーンキーボードの入力支援の設定を行うことができます。


ホバークリック

  ホバークリックは、マウスのシミュレーションが提供する機能の1つです。
  スクリーンキーボードでは、マウス操作のシミュレーションを行うことができます。

  例えばマウスのクリックを、一時的にドラッグ&ドロップ操作に変更することができます。

  この時実際にアクションを行うにはマウスのクリック操作が必要になりますが、ホバークリックを有効にすると、マウスのクリック操作を行わずにマウス操作のシミュレーションを行うことができます。

  ホバークリックを有効にするには

    スクリーンキーボードでホバークリックを有効にするには、ホバークリックボタンをクリックします。


    以下のようにホバークリックが有効になります。


  遅延

    マウスカーソルが停止している状態でここで指定した時間が経過した時に、アクションを行います。
    単位は「秒」です。

  ジェスチャーのしきい値

    マウスカーソルが停止している状態を判断する基準値を指定します。
    ここで指定したピクセル数内でマウスカーソルが移動していない時は、マウスカーソルが停止している状態だと判断されます。

    数値を大きくすればするほど、ホバークリックによるアクションを行いやすくなりますが、誤動作しやすくなります。

  ホバークリックのウィンドウを隠す

    ホバークリックはスクリーンキーボード上から操作できますが、チェックをオフにすると以下のようにホバークリック用のウィンドウが表示され、このウィンドウ上からホバークリックの操作が行えるようになります。


キーボードの設定

  キーボードスキャンに関する設定です。

  キーボードスキャンとは

    キーボードスキャンとは、スクリーンキーボード上のキーを直接クリックして使用するのではなく、スクリーンキーボード上のキーを、範囲を狭めていくことで選択する仕組みです。

    例えば「キーボードスキャン」を有効にしてスクリーンキーボードをクリックすると、以下のようにキーの範囲が表示されます。
    ここでは「d」キーを選択してみます。


    範囲はキーのカテゴリーに応じて移動します。
    「d」キーを選択するので、上記の状態でスクリーンキーボードをクリックします。

    次に以下のようにキーの行が範囲として表示されます。
    「d」キーを選択するので、以下の状態の時にスクリーンキーボードをクリックします。


    最後にキーが個別に選択されます。
    「d」キーを選択するので、以下の状態の時にスクリーンキーボードをクリックします。


    これで「d」が出力されます。

  キーボードスキャンを有効にする

    チェックをオンにすると、キーボードスキャンが有効になります。

  「スキャンの設定」ボタン

    キーボードスキャンの方法にはいくつか種類があり、また方法ごとに設定を行うことができます。
    キーボードスキャンの設定を行うには、「スキャンの設定」ボタンをクリックします。


    キーボードスキャンの設定内容については、「キーボードスキャンの設定」を参考にしてください。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション