kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

キーボードスキャンを設定する

  キーボードスキャンを設定を行います。
  キーボードスキャンの設定を行うには、「スキャンの設定」ボタンをクリックします。


プロファイルの選択

  キーボードスキャンの方法は、プロファイルと表現されます。


  スキャンのプロファイルを選択してください

    まずは、以下のメニューからキーボードスキャンの方法を選択します。


    選択したプロファイルにより、設定項目が変わります。

  スイッチについて

    スイッチとは、マウスなど入力デバイスのボタンのことです。
    どのボタンをどのように扱うかは、「入力デバイス」のタブで設定します。

  スキャンについて

    スクリーンキーボードのキーの範囲やキーの選択を行うことです。

  1スイッチで自動スキャン

    スクリーンキーボードのキーの範囲を狭めていくことでキーの選択を行う方法です。
    1スイッチなので、1つのボタンでスキャンを制御します。
    自動スキャンなので、スキャンが時間経過により自動的に変化するということです。

  1スイッチの重要なオーバースキャン

    スクリーンキーボードの全キーを、左上から右に向かって1キーずつ選択する方法です。
    1スイッチなので、1つのボタンでスキャンを制御します。

    スキャン開始後にもう一度スイッチを押すと、前のキーに向かってスキャンが始まります。
    この状態でさらにスイッチを押すと、キーが確定します。

  2スイッチでステップスキャン

    「1スイッチで自動スキャン」の手動版です。
    スキャンの移動を手動(スイッチを押す)で行います。

    2スイッチなので、2つのボタンでスキャンを制御します。

  3または5スイッチで直接スキャン

    「2スイッチでステップスキャン」に上下左右にスキャンを移動するスイッチを追加したものです。

    5スイッチなので、最大5つのボタンでスキャンを制御します。

  各プロファイルの設定項目について

    各プロファイルで表示される設定項目は、「各キーボードスキャンプロファイルの設定内容」を参考にしてください。

スイッチの設定について

  スイッチの設定は、「入力デバイス」のタブから行います。
  どのスイッチ(入力デバイスのボタン)にどのアクションを割り当てるのか、設定を行うことができます。


  入力デバイスを選んでください

    スキャンに使用する入力デバイスをメニューから選択します。
    通常は「Default」を選択します。

  このデバイスをスキャンにのみ使用する

    「入力デバイスを選んでください」で選択した入力デバイスを、スキャン専用の入力デバイスにします。
    チェックをオンにすると、この入力デバイスでスキャン以外の操作が行えなくなります。

  アクションとスイッチの一覧

    プロファイルで選択したスキャン方法により内容が変わります。
    「Action」はスキャンで使用するアクションの内容です。
    「Mapping」はそのアクションに対応したスイッチ(入力デバイスのボタン)です。

スイッチを変更するには

  アクションに対応したスイッチを変更するには、以下の方法で行います。

  1.アクションの選択

    スイッチを変更したいアクションをクリックします。


  2.ボタンの入力

    以下のように「ボタンを押してください」と表示されるので、入力デバイスのボタンを押します。


  3.変更完了

    以下のようにスイッチが変更されます。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション