kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

トーンカーブで色を補正する

  トーンカーブで色を補正する方法です。
  右側に色を補正するためのトーンカーブが表示されます。


  使い方は「GIMP」のトーンカーブと似ています。

トーンカーブのUI構成

  トーンカーブのUI構成です。


  1.色

    RGBそれぞれの色ごとに調整を行うことができます。
    それぞれの色はタブで選択します。

  2.補正

    補正値です。
    横軸が実際の色成分で、縦軸が補正後の色成分になります。

  3.点をカーブでつなぐ

    点をカーブでつなぎます。
    点の数や位置はユーザーが指定します。

  4.点を直線でつなぐ

    点を直線でつなぎます。
    点の数や位置はユーザーが指定します。

  5.自由曲線

    補正値をユーザーが任意に指定します。

  6.ガンマ補正

    ガンマ値指定による補正を行います。

  7.補正なし(リセット)

    補正を行いません。
    補正をリセットします。

点をカーブでつなぐ

  ユーザーが指定した点同士を曲線でつなぎます。

  1.ツールの選択

    UI構成で紹介した「3.」のボタンをクリックします。


  2.点の作成

    点を作成したい箇所をクリックします。
    点同士が曲線で結ばれます。


  3.点の移動

    既存の点を動かしたい時は、点をドラッグ&ドロップします。


点を直線でつなぐ

  ユーザーが指定した点同士を直線でつなぎます。

  1.ツールの選択

    UI構成で紹介した「4.」のボタンをクリックします。


  2.点の作成

    点を作成したい箇所をクリックします。
    点同士が直線で結ばれます。


  3.点の移動

    既存の点を動かしたい時は、点をドラッグ&ドロップします。


自由曲線

  ユーザーが任意に補正値をマウスでなぞるように指定します。

  1.ツールの選択

    UI構成で紹介した「5.」のボタンをクリックします。


  2.補正値の指定

    補正値を変更したい箇所をマウスをクリックしてドラッグすれば、カーソルの位置が補正値になります。


ガンマ補正

  ガンマ値の指定による補正を行います。

  1.ツールの選択

    UI構成で紹介した「6.」のボタンをクリックします。


  2.ガンマ値の指定

    以下の画面が表示されるので、ガンマ値を入力します。


  3.補正

    以下のように補正値が設定されます。


補正なし(リセット)

  補正値をリセットします。

  1.ツールの選択

    UI構成で紹介した「7.」のボタンをクリックします。


  2.補正値のリセット

    以下のように補正値がリセットされます。


プレビュースキャンへの反映について

  色調整の設定は、プレビュー済みの画像に対しては反映されません。

  色調整の設定を変更した後は、再度プレビュースキャンを行ってください。
  プレビュースキャン時に色調整の設定が反映されます。

関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション