kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

文字マップ

  「文字マップ」は、フォントがサポートしている文字の一覧を表示するアプリです。


  また文字の一覧を表示するだけでなく、文字コードから文字を検索したり、キーボードから入力できない文字を選択しクリップボードにコピーするなどの機能も利用できます。

  アプリ名は「gucharmap」です。
  Ubuntuでは、デフォルトでインストールされます。

文字マップのインストール

  文字マップのインストールです。
  「Ubuntuソフトウェアセンター」を起動し、「gucharmap」で検索します。


  「インストール」ボタンをクリックします。

文字マップの起動

  「文字マップ」の起動です。
  Dashホームを開き、以下のように起動します。


文字マップのUI構成

  文字マップのUI構成です。


  1.フォント

    文字の一覧や文字を表示するフォントです。
    ボタンをクリックすれば、フォントを変更できます。

    ここで指定したフォントで表示できない文字は、自動的に別のフォントが使用されます。

  2.文字のスタイル

    文字のスタイルです。

  3.カテゴリーの一覧

    文字のカテゴリーの一覧です。
    選択されたカテゴリーに属する文字の一覧が、「4.」に表示されます。

    文字のカテゴリーには、以下の2種類があります。

  • Unicodeスクリプト
  • Unicodeブロック

  4.文字の一覧(文字テーブル)

    「3.」で選択されたカテゴリーに属する文字の一覧が表示されます。

    「1.」で選択されているフォントで文字が表示されます。
    ただし「1.」で指定したフォントで表示できない文字は、自動的に別のフォントが使用されます。

    フォントでサポートされていない文字は、文字コードが表示されます。

  5.コピーする文字

    クリップボードにコピーする文字列です。
    「コピー」ボタンをクリックすると、テキストボックス内の文字列がクリップボードにコピーされます。

  6.ステータスバー

    「4.」で選択されている文字の文字コードや文字情報が表示されます。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション