kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

文字列の置き換えを行う

  ユーザーが指定した条件に合う文字列を、別の文字列に置き換えます。
  また、文字列の検索にも利用できます。

  文字列の置き換えは置換ウィンドウから行います。

  置換ウィンドウの表示

    「検索」メニューを開き、「置換」をクリックします。
    「Ctrl + H」キーを押しても良いです。


置換ウィンドウ

  置換ウィンドウです。


  検索する文字列

    検索する(置き換える対象となる)文字列を入力します。

  置換後の文字列

    置き換える文字列を入力します。

    ボタンをクリックすると、今まで入力した文字列の履歴が表示されます。
    履歴をクリックすれば、置き換える文字列が履歴から設定できます。


  大/小文字を区別する

    アルファベットの大文字小文字を区別して検索したい場合は、チェックをオンにします。
    チェックがオフなら大文字小文字を区別せず検索を行います。

  単語全体にマッチする

    チェックをオンにすると、単語単位で検索条件が合致するかどうか検索を行います。
    チェックがオフなら単語の区別なく検索を行います。

    日本語の場合、単語がスペース等で区切られていないと単語として認識されません。
    日本語で検索を行う場合、チェックをオフにしておいたほうが良いでしょう。

  正規表現でマッチさせる

    チェックをオンにすると、正規表現で検索を行います。
    チェックがオフなら通常の検索を行います。

  先頭に向かって検索する

    チェックをオンにすると、テキストの先頭に向かって検索します。
    チェックがオフにすると、テキストの終わりに向かって検索します。

    検索の開始位置は、現在キャレットがある位置です。

  折り返しも対象にする

    置き換えは現在キャレットがある位置から開始され、テキストの終わりに向かって置き換えを行います。

    チェックをオンにすると、テキストの終わりまで置き換えしたあと、テキストの頭から置き換えを行います。
    テキスト全文を置き換えする場合は、チェックをオンにしておきましょう。
 

1つ1つ検索しながら置き換える

  1つ1つ検索条件に合う文字列を検索し、置き換えるかどうか確認しながら文字列を置き換える方法です。

  1.検索開始位置の設定

     検索を開始する位置にキャレットを設定します。


  2.置換条件の設定

    置換ウィンドウを開き、置換条件を設定します。


  3.検索

    置換条件を設定したら「検索」ボタンをクリックします。


  4.条件に合う文字列の選択

    以下のように条件に合う文字列が選択されます。


  5.文字列の置き換え

    「4.」で選択された文字列を置き換えたい場合、「置換」ボタンをクリックします。


  6.文字列の置き換え完了

    以下のように「4.」で選択された文字列が置き換わります。


  7.次の検索

    文字列を置き換えると、以下のように自道的に次の検索が行われ、条件に合う文字列が選択されます。


  8.文字列の置き換えを行わず次の検索を行う

    「7.」で選択された文字列の置き換えを行わず次の検索を行う場合、そのまま「検索」ボタンをクリックします。


  9.次の検索

    以下のように次の検索が行われ、条件に合う文字列が選択されます。


    このように置き換える文字列を確認しながら行なっていきます。

テキスト内の文字列をすべて置き換える

  テキスト内の条件に合う文字列をすべて置き換える方法です。

  1.検索開始位置の設定

     文字列をすべて置き換える前に条件に合う文字列を調べる場合、検索を開始する位置にキャレットを設定します。


  2.置換条件の設定

    置換ウィンドウを開き、置換条件を設定します。


  3.検索

    条件に合う文字列を調べる場合、置換条件を設定したら「検索」ボタンをクリックします。


  4.条件に合う文字列の選択

    以下のように条件に合う文字列が強調表示され選択されます。


  5.すべて置き換え

    「すべて置換」ボタンをクリックします。


  6.文字列の置き換え完了

    以下のように条件に合う文字列がすべて置き換わります。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション