kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

履歴からドキュメントを開く

  履歴からドキュメントを開きます。

  「gedit」では今までに開いたドキュメントの履歴を5つ保持しています。
  この履歴からドキュメントを開くことができます。

  1-1.ドキュメントの選択(メニュー)

    「ファイル」メニューを開くと、以下のように今まで開いたドキュメントの履歴が表示されます。
    履歴の中から開きたいドキュメントをクリックします。


  1-2.ドキュメントの選択(ツールバー)

    ツールバーからドキュメントの履歴を表示したい場合、「開く」ボタン右側の矢印ボタンをクリックします。

    以下のように今まで開いたドキュメントの履歴が表示されます。

    履歴の中から開きたいドキュメントをクリックします。


  2.ドキュメントの読込み

    以下のように履歴から選択されたドキュメントが読み込まれ、表示されます。


ドキュメントを開く

  ドキュメントをファイルから読み込みます。

1.ファイル選択画面の表示

  「ファイル」メニューを開き、「開く」をクリックします。
  「Ctrl + O」キーを押しても良いです。


  ツールバーから操作する場合、「開く」ボタンをクリックします。


2.ファイルの選択

  以下のようにファイル選択画面が表示されます。
  ファイルやオプションを選択したら「開く」ボタンをクリックします。


  ファイルの選択について

    ファイルは複数選択することができます。
    開きたいファイルをまとめて選択すれば、一度のファイルを開くことができます。

  1.ファイルタイプ

    デフォルトではすべてのファイルがファイル一覧に表示されます。
    表示するファイルの種類を以下のメニューから選択できます。


    すべてのファイル

      すべてのファイルをファイル一覧に表示します。

    すべてのテキストファイル

      テキストファイルのみをファイル一覧に表示します。

  2.エンコーディング

    ドキュメントのエンコーディング(文字コード)を以下のメニューから選択します。


    自動検出

      「自動検出」を選択すると、ドキュメントのエンコーディングを自動的に検出します。
      通常は「自動検出」を選択すると良いでしょう。

    エンコーディング      

      ドキュメントのエンコーディングを指定します。
      「自動検出」でドキュメントを読み込むと文字化けを起こす場合、直接エンコーディングを指定するとよいでしょう。

      指定したいエンコーディングがメニューに表示されていない場合、エンコーディングを追加することができます。

    追加と削除

      エンコーディングの追加と削除を行います。
      エンコーディングの追加と削除については、「ドキュメントのエンコーディングを管理する」を参考にしてください。

3.ドキュメントの読込み

  選択されたドキュメントが読み込まれ、テキストが表示されます。


ドキュメントのエンコーディングが間違っていた時は

  エンコーディングの指定が間違っていた時や、「自動検出」で誤ったエンコードを検出した時は、以下のように警告が表示されます。


  上記は「CP932(WindowsのShift JIS)」でエンコードされたドキュメントファイルを「UTF-8」で開いた状態です。

  このままではドキュメントが正しく表示されず編集できないため、どのように対処するのかユーザーが選択する必要があります。

  1.再試行

    「4.」で選択されたエンコーディングでドキュメントを再読み込みします。
    再試行する前にエンコーディングを指定してください。
  

  2.強制的に編集する

    文字化けしている状態でドキュメントの表示・編集を行います。
    ドキュメントの閲覧だけなら特に影響はありませんが、ドキュメントをファイルに保存すると不正なエンコーディングでファイルを保存してしまいます。

    通常はこの選択肢を選ばないでください。

  3.キャンセル

    ドキュメントの読込みをキャンセルします。

  4.エンコーディング

    ドキュメントのエンコーディングを以下のメニューから選択します。


    ここでは「自動検出」は選択できません。
    ドキュメントのエンコードを選択し、「再試行」ボタンをクリックすると、選択されたエンコーディングでドキュメントを再読み込みします。

    エンコーディングの追加と削除

      「追加と削除」をクリックすると、エンコーディングの追加と削除を行うことができます。
      メニューの中に該当するエンコーディングが表示されない場合は、「追加と削除」をクリックしてください。

      エンコーディングの追加と削除については、「ドキュメントのエンコーディングを管理する」を参考にしてください。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション