kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

ドキュメントのエンコーディングを管理する

  「gedit」では、ドキュメントの読み込み時と保存時に、ドキュメントのエンコーディング(文字コード)を指定することができます。

  デフォルトのエンコーディングは「UTF-8」です。
  Ubuntuでは、デフォルトのエンコーディングに「UTF-8」を採用しているため、ドキュメントを保存するときは「UTF-8」で保存するとよいでしょう。

  「gedit」では、ユーザーがよく利用するエンコーディングを管理することができます。

  エンコーディングの管理は、「文字エンコーディング」画面から行います。

  1.エンコーディングメニューの表示

    エンコーディングをクリックし、エンコーディングメニューを表示します。
    以下はドキュメントを開く時の画面です。


  2.文字エンコーディング画面の表示

    メニューから「追加と削除」をクリックします。


    文字エンコーディング画面が表示されます。

文字エンコーディング画面

  文字エンコーディング画面です。


  1.利用可能なエンコーディング

    「gedit」でサポートしているエンコーディングの一覧が表示されます。

  2.説明

    エンコーディングの言語もしくはUnicodeによる分類が表示されます。
    ボタンをクリックすると、昇順で並び替え・降順で並び替え・並び替え無しを切り替えることができます。
    並び替えは「説明」で表示される名称を元に行われます。

  3.エンコーディング

    エンコーディン名が表示されます。
    ボタンをクリックすると、昇順で並び替え・降順で並び替え・並び替え無しを切り替えることができます。
    並び替えは「エンコーディング」で表示される名称を元に行われます。

  4.メニューに表示するエンコーディング

    メニューに表示するエンコーディングの一覧が表示されます。
    メニューとは上記でも出てきたエンコーディングを選択するメニューのことです。


    「現在のロケール」は常に表示されます。

  5.説明

    エンコーディングの言語もしくはUnicodeによる分類が表示されます。
    ボタンをクリックすると、昇順で並び替え・降順で並び替え・並び替え無しを切り替えることができます。
    並び替えは「説明」で表示される名称を元に行われます。

  6.エンコーディング

    エンコーディン名が表示されます。
    ボタンをクリックすると、昇順で並び替え・降順で並び替え・並び替え無しを切り替えることができます。
    並び替えは「エンコーディング」で表示される名称を元に行われます。

よく利用されるエンコーディングの紹介

  「Unicode」と「日本語」でよく利用されるエンコーディングの紹介です。

  Unicode

    Unicodeにはエンコーディングの種類が複数存在します。


    UTF-8

      「UTF-8」はUbuntuのデフォルトのエンコーディングです。
      常にメニューに表示されるため、「利用可能なエンコーディング」には表示されません。

    UTF-16

      1文字を2バイトもしくは4バイト(サロゲートペア)で表現するエンコーディングです。
      Ubuntuではリトルエンディアンを示すBOMが付きます。

    UTF-16BE

      1文字を2バイトもしくは4バイト(サロゲートペア)で表現するエンコーディングです。
      「BE」はビッグエンディアン(Big Endian)の略です。

      BOMは付きません。

    UTF-16LE

      1文字を2バイトもしくは4バイト(サロゲートペア)で表現するエンコーディングです。
      「LE」はリトルエンディアン(Little Endian)の略です。

      BOMは付きません。

    UTF-32

      1文字を4バイトで表現するエンコーディングです。

  日本語

    日本語では日本で使われているエンコーディングの種類が複数存在します。
    ドキュメントを保存する時は、特に理由がなければ「UTF-8」で保存するとよいでしょう。


    EUC-JP

      UNIX系のソフトウェアで使われているエンコーディングです。

    EUC-JP-MS

      「EUC-JP」にWindowsの文字セットを組み合わせたエンコーディングです。

    CP932

      WindowsのシフトJISです。
      Windowsで作成されたテキストファイルが文字化けする場合は、まず「CP932」を選択してみると良いでしょう。

    ISO-2022-JP

      メールなどでよく利用されるエンコーディングです。

    SHIFT_JIS

      シフトJISです。

エンコーディングの追加と削除

  エンコーディングの追加と削除については、「メニューに表示するエンコーディングを追加する・メニューに表示するエンコーディングを削除する」を参考にしてください。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション