kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

フォントと色の設定

  設定画面を表示し「フォントと色」のタブをクリックすると、フォントとUIのカラーリングの設定を行うことができます。


フォント

  エディターで使用するフォントの設定です。

  システムの固定幅フォントを使う

    チェックをオンにすると、システムの固定幅フォントをエディターで使用します。
    Ubuntuのシステムの固定幅フォントは、「Ubuntu Mono」でフォントサイズは「13」ポイントです。

    チェックをオフにすると、「エディターのフォント」で指定したフォントとフォントサイズが使用されます。

  エディターのフォント

    エディターで使用するフォントとフォントサイズを指定します。
    フォントとフォントサイズを指定するには、フォント名が表示されているボタンをクリックします。


    以下のようにフォント選択画面が表示されるので、フォントとフォントサイズを指定し、「選択」ボタンをクリックします。


    フォントとフォントサイズを指定すると、以下のようにボタンに反映されます。


    これでエディターに使用するフォントが変更されます。


カラースキーム

  エディターのカラーリングを一覧から選択します。

  Kate



  Oblivion



  Tango



  クラシック



  コバルト



カラースキームを追加する

  「gedit」のカラースキームは自分で作成することができます。
  他のユーザーや自分で作成したカラースキームを使用するには、カラースキームを追加する必要があります。

  1.カラースキームの用意

    ここでは例としてインターネットに公開されている「Ubuntu Gedit Color Scheme 1.0」をダウンロードして「gedit」に追加します。


  2.カラースキーム選択画面の表示 

    カラースキーム一覧左下にある「+」ボタンをクリックします。


  3.カラースキームの選択

    以下の画面が表示されるので、カラースキームを選択し「スキームの追加」ボタンをクリックします。

  4.カラースキームの追加完了

    以下のように選択したカラースキームが追加されます。


  5.カラースキームの選択

    追加したカラースキームを選択すると、以下のようにカラースキームがエディターに反映されます。


    追加したカラースキームが反映されない時は、一度別のカラースキームを選択して再度追加したカラースキームを選択してください。

カラースキームを削除する

  カラースキームを一覧から削除します。
  削除できるカラースキームは、自分で追加したカラースキームだけです。

  デフォルトで用意されているカラースキームは削除できません。

  1.カラースキームの選択

    削除したいカラースキームを選択します。


  2.カラースキームの削除

    カラースキーム一覧左下にある「ー」ボタンをクリックします。    


  3.カラースキームの削除完了

    以下のように選択したカラースキームが削除されます。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション