kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

コードスニペットプラグイン

  コードスニペットプラグインは、ドキュメントに定型文を挿入するプラグインです。


  コードスニペットプラグインでは、定型文のことを(コード)スニペットと表現します。
  コードスニペットはハイライトモードの種類別に管理でき、どのモードにも属さないコードスニペットを定義することもできます。


プラグインの使い方

  「コードスニペット」プラグインを有効にするには、設定画面の「プラグイン」タブで「コードスニペット」にチェックを入れます。


  コードスニペットの管理

    コードスニペットの管理は、スニペットの管理画面から行います。
    スニペットの管理画面は、「ツール」メニューを開き「Manage Snippets」をクリックすると表示されます。


スニペットの管理画面のUI構成

  コードスニペットの管理を行います。


  1.スニペット

    コードスニペットの一覧です。
    ハイライトモードのモードごとに分類されています。

  「Global」以外のモードは、ハイライトモードでそれぞれのモードが選択されている時のみ利用できます。

    各モード内のコードスニペットを選択すると、そのスニペットの内容が「3.」に表示されます。

    Global

      一覧の一番上にある「Global」は、どのモードにも属さないモードです。
      「Global」で定義したコードスニペットは、すべてのモードから利用できます。

      モードが「なし」でも利用できます。

  

  2.スニペットの操作

    コードスニペットの追加や削除など、コードスニペットの操作を行うボタンです。

  3.編集

    「1.」で選択されたコードスニペットの内容が表示されます。
    コードスニペットの内容は編集することができます。

  4.タブ

    「1.」で選択されたコードスニペットをドキュメントで挿入するキーとなる文字列が表示されます。
    ここで指定した文字列を入力したあと、「Tab」キーを押すとこのコードスニペットが挿入されます。
    この文字列は編集することができます。

    編集した「タブ」の内容は、自動的に保存されます。

  5.ショートカットキー

    「1.」で選択されたコードスニペットをドキュメントで挿入するショートカットキーが表示されます。

    「タブ」と異なりショートカットキーを設定することで、いつでもこのコードスニペットをドキュメントに挿入することができます。

    このショートカットキーは変更することができます。

  6.挿入する対象

    バグなのか実装が不十分なのか不明ですが、機能しませんでした。

  コードスニペットの保存について

    スニペット管理画面で編集したコードスニペットの内容は、自動的に保存されます。
    「保存」ボタンのクリック等は必要ありません。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション