kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

コードスニペットをドキュメントに挿入する

  コードスニペットプラグインを利用してコードスニペットをドキュメントに挿入します。

  1.挿入するコードスニペット

    ここでは例として、「C/C++/ObjCのヘッダー」モードの「class」コードスニペットを挿入します。


    「ショートカットキー」を定義していないので、「タブ」による挿入を行います。

  2.モードの確認

    「C/C++/ObjCのヘッダー」モードのコードスニペットを利用するので、現在のハイライトモードが「C/C++/ObjCのヘッダー」になっていることを確認します。


  3.挿入するコードスニペットのキーを入力

    挿入するコードスニペットのキー(「タブ」に表示されている文字列)を入力します。


  4.コードスニペットの挿入

    「Tab」キーを押すと、以下のようにコードスニペットが挿入されます。


    「3.」で入力した文字列が、コードスニペットの文字列に置き換わります。
    また、コードスニペットの編集モードが有効になります。

  5.実線で囲われている文字列

    挿入したコードスニペット内の実線で囲われている文字列は、「Tab」キーによりキャレットの移動が可能な文字列を示しています。

    この例では、「name」と「arguments」が実線で囲われています。
    「name」にキャレットがある状態で「Tab」キーを押すと「arguments」にキャレットの移動します。


  6.点線で囲われている文字列

    挿入したコードスニペット内の点線で囲われている文字列は、同名の文字列を変更すると、まとめて変更される文字列を示しています。

    この例では、「name」が点線で囲われています。
    現在選択されている「name」の文字列を編集すると、同様に点線で囲われている「name」の文字列も変更されます。


  7.クラス名の入力

    「5.」及び「6.」を踏まえた上で、クラス名を変更してみます。


    クラス名を入力します。

  8.クラス名の変更

    クラス名を入力すると、関連する箇所がまとめて変更されます。


    クラス名の変更なので、クラスのコンストラクターやデストラクターも、変更したクラス名に合わせて変更する必要があります。
    コードスニペットには関連する箇所が定義されているため、関連した文字列も変更されます。

    上記のように点線で囲われていた「name」の文字列が、入力したクラス名に自動的に変更されます。

  9.コンストラクターの引数の変更

    次に実線で囲われているコンストラクターの引数を変更してみます。
    クラス名を入力したらその状態のまま「Tab」キーを押します。

    以下のように「arguments」にキャレットが移動し、「arguments」が選択された状態になります。


  10.引数の入力

    以下のように引数を入力します。


    以上で完了です。
    後は「Tab」キーを押すか、適当な場所をクリックすれば、コードスニペットの編集モードが解除されます。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション