kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

コードスニペットの編集箇所を移動する

  前回、コードスニペットの基本的な使い方を紹介しました。

  挿入したコードスニペットの編集箇所(実線で囲まれている文字列)の移動を「Tab」キーで行っていましたが、他にも編集箇所の移動方法があります。

  キーボードから操作する方法とマウスで操作する方法があります。

キーボードから操作する

  キーボードから操作する場合、以下のように行います。

  次の編集箇所に移動する

    現在キャレットがある位置の一つ次の編集箇所に移動するには、「Tab」キーを押します。
    現在以下の編集箇所にキャレットがあるとします。
 

    「Tab」キーを押すと、以下のように一つ次の編集箇所にキャレットが移動します。


  前の編集箇所に移動する

    現在キャレットがある位置の一つ前の編集箇所に移動するには、「Shift + Tab」キーを押します。
    現在以下の編集箇所にキャレットがあるとします。


    「Shift + Tab」キーを押すと、以下のように一つ前の編集箇所にキャレットが移動します。


マウスで操作する方法

  マウスで操作する方法です。

  1.編集箇所のクリック

    実線で囲まれている文字列をクリックします。


  2.編集箇所の移動

    以下のようにキャレットがクリックされた編集箇所に移動します。


    この後、キーボードから編集箇所の移動を行うこともできます。

関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション