kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

表示するドキュメントを切り替える

  複数のドキュメントを開いている場合、メニュー(ショートカットキー)で表示するドキュメントを切り替えることができます。

1つ前のドキュメントを表示する

  1つ前のドキュメントを表示します。

  1.現在表示しているドキュメント

    現在表示しているドキュメントは、以下のようになっています。
    中央のタブのドキュメントが表示されています。


  2.前のドキュメントの表示

    「ドキュメント」メニューを開き、「前のドキュメント」をクリックします。
    「Ctrl + Alt + Page Up」キーを押しても良いです。


  3.表示するドキュメントの変更

    以下のように1つ前の表示するドキュメントが表示されます。


1つ次のドキュメントを表示する

  1つ次のドキュメントを表示します。

  1.現在表示しているドキュメント

    現在表示しているドキュメントは、以下のようになっています。
    中央のタブのドキュメントが表示されています。


  2.次のドキュメントの表示

    「ドキュメント」メニューを開き、「次のドキュメント」をクリックします。
    「Ctrl + Alt + Page Down」キーを押しても良いです。


  3.表示するドキュメントの変更

    以下のように1つ次の表示するドキュメントが表示されます。


ドキュメントの一覧から表示するドキュメントを切り替える

  「gedit」では、現在アクティブなウィンドウで開いているドキュメントの一覧が、「ドキュメント」メニューに表示されます。


  ドキュメントの一覧から直接ドキュメントをクリックして、表示するドキュメントを切り替えることができます。

  また各ドキュメントには、ショートカットキーが割り当てられています。
  例えば「ブラウザー.txt」には「Alt + 3」キーが割り当てられています。

  ドキュメントの一覧からドキュメントをクリックするか、ショートカットキーを押せば以下のように表示するドキュメントが切り替わります。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション