kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

ドキュメントの印刷プレビュー

  「gedit」では、ドキュメントの印刷結果がどのようになるのか、事前にプレビューすることができます。


  印刷プレビューでは、事前に行った印刷設定が反映されるため、印刷プレビューを行う前に印刷設定を行っておきます。

  印刷プレビューを表示するには

    印刷プレビューを表示するには、「ファイル」メニューを開き「印刷プレビュー」をクリックするか、「Shift + Ctrl + P」キーを押します。


    印刷画面から「プレビュー」ボタンをクリックしても良いです。


印刷プレビュー画面のUI構成

  印刷プレビュー画面のUI構成です。


  1.ページの移動

    印刷設定で選択された用紙サイズの印刷領域を超えるテキストは、改ページが行われ次のページに印刷されます。

    複数のページで構成される場合、表示するページをここで指定することができます。
    上記の場合ページは「1/2」と表示されており、ページ数が2ページで現在表示しているページが1ページ目であることが分かります。

    「>」ボタンをクリックすると、次のページを表示します。


    「<」ボタンをクリックすると前のページを表示します。
    直接数ページ番号を入力し「エンター」キーを押せば、そのページを表示することもできます。

  2.ページの複数表示

    デフォルトでは、ページは縦に連なって1ページずつ表示されます。
    ここで設定を変更すると、割り付けのように複数のページを一度に表示することができます。

    ボタンをクリックすると以下のメニューが表示されます。


    各メニュー項目は、「横のページ数 x 縦ページの数」で表示されています。

    例えば「2x1」をクリックすると、以下のように横2ページずつ表示されるようになります。


  3.ページの等倍表示

    ボタンをクリックすると、ページを等倍で表示します。


  4.ページの表示倍率をウィンドウに合わせる

    ボタンをクリックすると、ページの表示倍率をウィンドウのサイズに合うように調整します。


  5.ページの拡大

    ページの表示倍率を1段階拡大します。


  6.ページの縮小

    ページの表示倍率を1段階縮小します。

  7.プレビューの終了

    ボタンをクリックすると、プレビューを終了し、ドキュメントの編集画面に戻ります。

  8.プレビュー

    ドキュメントの印刷プレビューです。
    印刷プレビューを確認し特に問題なければ、ドキュメントを印刷すると良いでしょう。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション