kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

開発向けプラグイン集

  「gedit-developer-plugins」は開発向けプラグイン集です。
  「gedit」のプラグインとして利用できます。


  開発向けのプラグイン集ですが、指定されたフォルダーからテキストを一括検索するなど、開発でなくても利用できる便利なプラグインが提供されています。

インストール

  「gedit-developer-plugins」のインストールです。

  1.PPAの追加

    以下のPPAを追加します。
    すでにこのPPAを追加している場合は、この手順を飛ばしてください。
 
       ppa:sinzui/ppa

  2.インストール

    「Ubuntu ソフトウェアセンター」を起動し、「gedit-developer-plugins」で検索します。


    「インストール」ボタンをクリックします。

  注意(2014/9/23)

    Ubuntuのデフォルトのリポジトリーから「gedit-developer-plugins」をインストールできますが、ここでは以下のバグがあるため、PPAから「gedit-developer-plugins」をインストールしています。


GDPコンプリーションプラグイン

  「GDPコンプリーション」プラグインは、コードの入力を支援するプラグインです。


プラグインを有効にする

  「GDPコンプリーション」プラグインを有効にするには、設定画面の「プラグイン」タブで「GDP Completions」にチェックを入れます。


プラグインを設定する

  「GDPコンプリーション」プラグインは、入力する単語の候補を表示するショートカットキーを設定することができます。
  ショートカットキーの設定は、プラグインの設定画面から行います。


  Completer shortcut

    候補ウィンドウを表示するショートカットキーを入力します。
    ショートカットキーは直接入力します。

    例えば「Ctrl + M」キーを割り当てたい場合、以下のように入力します。

<Control>M

    例えば「Shift + Ctrl + M」キーを割り当てたい場合、以下のように入力します。

<Shift><Control>M

    ショートカットキーの設定を変更したら、「閉じる」ボタンをクリックして「gedit」を再起動します。

辞書について

  通常、単語の候補を表示するソフトウェアは、表示する単語を抽出する辞書が必要になります。

  「GDPコンプリーション」では、現在表示しているドキュメントから、候補に表示する単語を抽出します。

  Python

    ハイライトモードのモードが「Python」になっている時は、上記に加え「Python」のキーワードを表示します。

  マークアップ言語

    ハイライトモードのモードが以下のモードになっている時は、上記に加え閉じタグ入力時に「>」を表示します。

  • xml
  • xslt
  • html
  • pt
  • mallard
  • docbook

GDPコンプリーションの使い方

  「GDPコンプリーション」の使い方です。

  1.コードの入力

    ここでは例として以下のようにコードを入力しました。


  2.候補ウィンドウの表示

    「ツール」メニューを開き「Complete word」をクリックするか、自分で設定したショートカットキーを押します。


  3.単語の選択

    以下のように候補ウィンドウが表示されるので、入力したい単語を選択し「エンター」キーを押します。


  4.単語の入力

    以下のように選択された単語が入力されます。


候補ウィンドウを自動的に表示する

  候補ウィンドウを自動的に表示することもできます。

  1.候補ウィンドウの自動表示

    「ツール」メニューを開き「Suggest Completions」をクリックします。


  2.候補ウィンドウの表示

    文章を入力すると、自動的に候補ウィンドウが表示されるようになります。


  3.単語の入力

    入力したい単語を選択し「エンター」キーを押せば、以下のように選択された単語が入力されます。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション