kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

GDPフォーマットプラグイン

  「GDPフォーマット」プラグインは、文章の体裁を整えるプラグインです。


  「GDPフォーマット」プラグインでは、文章の体裁を整える様々な機能を提供しています。
  また、構文チェックの機能も提供されています。

プラグインを有効にする

  「GDPフォーマット」プラグインを有効にするには、設定画面の「プラグイン」タブで「GDP format」にチェックを入れます。


既定の文字数で文章を改行し直す

  既定の文字数で文章を改行し直します。
  一旦1行の文章に整形し、その後既定の文字数で文章を改行し直します。

  既定の文字数

    既定の文字数は、ドキュメントの種類(MIMEタイプ)で異なります。

    マークアップ言語など一部の言語では、72文字が既定の文字数になります。
    テキストなどでは、78文字が既定の文字数になります。

  日本語について

    改行位置は、単語の途中で改行が行われないように調整が行われます。
    日本語では単語が正しく認識されないため、改行が正しく行われません。

  1.ドキュメントのサンプル

    ここでは例として、以下のドキュメントを使用しました。
    最大で158列(文字)あるドキュメントです。


  2.整形範囲の選択

    整形する文章の範囲を選択します。
    文章を選択しなかった場合、文章全体が対象になります。


  3.文章の整形

    「編集」メニューを開き「Format」を選択し、表示されるサブメニューから「Rewrap text」をクリックします。


  4.文章の整形完了

    以下のように、既定の文字数で改行が行われます。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション