kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

Python構文チェック

  Pythonの構文チェックでは、以下のチェックを行います。

  1.pdb.set_trace()チェック

    ソースコードに「pdb.set_trace()」が含まれていないかチェックを行います。


  2.マージコンフリクトマーカーチェック

    ソースコードにマージコンフリクトマーカーが含まれていないかチェックを行います。


  3.エンコードチェック

    エンコードが「ASCII」の時のみチェックが行われます。
    「ASCII」でエンコードできない文字が含まれていないかチェックが行われます。


    注意

      エンコードチェックでエラーが報告された場合、次の「4.」のチェックで内部的なエラーが発生し、構文チェックが機能しなくなります。

      もしこのエラーが発生したら該当箇所を修正し、ファイルを保存した後、「gedit」を再起動してください。

  4.バイトコンパイルチェック

    ソースコードをバイトコンパイルし、構文エラーがないかチェックを行います。


  5.pyflakes構文チェック

    「3.」のチェックで問題がなかった場合、pyflakesによるソースコードの構文チェックを行います。


  6.PEP 8チェック

    ソースコードが「PEP 8(Python style guide checker)」のコーディングルールに従っているかチェックを行います。


    チェック結果に表示されるエラーコードは、「Error codes」を参考にしてください。

  7.PEP 257チェック

    ソースコードが「PEP 257(Docstring Conventions)」のルールに従っているかチェックを行います。 


    注意

      現状Ubuntuのリポジトリーに「PEP 257」パッケージが無いため、「PEP 257」チェックを行うことはできません。

      「PEP 257」チェックを行いたい場合は、PPAから「PEP 257」パッケージをインストールすると良いでしょう。
      インストール方法は後述します。

  8.改行コードチェック

    ソースコードの改行コードにWindowsの改行コード(\r\n)が含まれていないかチェックを行います。


PEP257のインストール

  PEP257をPPAからインストールします。
  事前に「gedit」を終了させておくと良いでしょう。

  1.PPAの追加

    以下のPPAを追加します。
    すでにこのPPAを追加している場合は、この手順を飛ばしてください。
 
       ppa:sinzui/ppa

  2.インストール

    「Ubuntu ソフトウェアセンター」を起動し、「python3-pep257」で検索します。


    「インストール」ボタンをクリックします。
   

  捕捉

    上記PPAからインストールできるPEP257のパッケージには、Python2向けのパッケージと、Python3向けのパッケージがあります。
    「gedit」はPython3で動作するため、ここではPython3向けのパッケージをインストールしています。

    Python2向けのパッケージとPython3向けのパッケージは共存できません。
    「gedit」のプラグインで利用することと、近い将来Python3へ完全移行することを考えると、Python3向けのパッケージをインストールしておくのが良いです。

    また、新規にPythonスクリプトを記述する場合は、必ずPython3で記述しましょう。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション