kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

geditのオプションを設定する

  geditのオプションを設定します。

設定できるオプションは以下のとおりです。

  • ハイライトモードのモード
  • タブの幅 
  • タブの代わりにスペースを挿入する 
  • 空白文字の表示設定

ハイライトモードのモードを設定する

  ハイライトモードのモードを設定します。

  コマンドのフォーマット

    ハイライトモードのモードを設定するコマンドは、以下のようになります。

set.language モード

  モード

    モードにはモードの識別子を指定します。
    モードの識別子は「ファイルタイプの識別子について」を参考にしてください。

    モードの指定を省略すると、モードが「なし」になります。

  1.コマンドの入力

    ここでは例として、モードを「Python3」に設定します。
    以下のようにコマンドを入力します。


    モードの識別子を途中まで入力して「TAB」キーを押せば、以下のように候補が表示されます。


    候補からモードの識別子を選択することはできませんが、表示された候補を参考にモードの識別子を入力するとよいでしょう。

  2.コマンドの実行

    「エンター」キーを押してコマンドを実行します。
    以下のようにハイライトモードのモードが「Python3」になります。


タブの幅 

  タブの幅を設定します。

  コマンドのフォーマット

    タブの幅を設定するコマンドは、以下のようになります。

set.tab-width タブの幅

  1.コマンドの入力

    ここでは例として、タブの幅を「4」に設定します。
    以下のようにコマンドを入力します。


  2.コマンドの実行

    「エンター」キーを押してコマンドを実行します。
    以下のようにタブの幅が「4」になります。


タブの代わりにスペースを挿入する設定

  タブの代わりにスペースを挿入する設定です。

  コマンドのフォーマット

    タブの幅を設定するコマンドは、以下のようになります。

set.use-spaces 設定値

  設定値

    設定を有効にするか無効にするかを指定します。

    「yes」、「true」、「1」のいずれかの値を指定すると、設定が有効になります。
    それ以外は、設定が無効になります。

  1.コマンドの入力

    ここでは例として、タブの代わりにスペースを挿入する設定を有効にします。
    以下のようにコマンドを入力します。


  2.コマンドの実行

    「エンター」キーを押してコマンドを実行します。
    「TAB」キーを押すと、以下のようにTabの代わりにスペースが挿入されます。


空白文字の表示設定

  空白文字の表示設定を行います。

  コマンドのフォーマット

    タブの幅を設定するコマンドは、以下のようになります。

set.draw-spaces オプション

  オプション

    オプションには、エディターに表示する空白文字の識別子を指定します。
    複数の識別子を指定することができます。

    指定された識別子に対応した空白文字は、表示されます。
    指定されなかった識別子に対応した空白文字は、非表示になります。

識別子 空白文字の種類
tabs タブ文字
newlines 改行
nbsp ノーブレークスペース
spaces スペース

    以下は特別なオプションです。

識別子 概要
all すべての空白文字を表示する
none すべての空白文字を非表示にする

  1.コマンドの入力

    ここでは例として、スペースとタブ文字を表示するようにし、それ以外を非表示にします。
    以下のようにコマンドを入力します。


  2.コマンドの実行

    「エンター」キーを押してコマンドを実行します。
    以下のようにスペースとタブ文字が表示されます。


空白文字の表示設定を行おうとすると、エラーが表示される(2014/9/13)

  空白文字の表示設定を行おうとすると、エラーが表示される問題があります。

  1.コマンドの例

    例えば以下のようなコマンドを実行します。


  2.エラーの表示

     以下のようにエラーが表示されます。


setモジュールの修正

  setモジュールを修正して、上記の問題を修正します。  事前に「gedit」は終了しておいてください。

  1.Pythonスクリプトを開く

    「端末」を起動し、以下のコマンドを実行します。
    「root」で「gedit」を起動し、修正対象のPythonスクリプトを開きます。

sudo -i gedit/usr/share/gedit/plugins/commander/modules/set.py


  2.修正箇所の確認

    以下のように「set.py」が表示されるので、155行目の赤線の箇所を修正します。


  3.修正

    以下のように修正します。

GtkSource.DrawSpacesFlags(flags)


    修正したらファイルを上書き保存し、「gedit」を閉じます。

  4.確認とコマンドの入力

    「gedit」を起動し、空白文字の表示設定が動作するか確認します。


  5.コマンドの実行

    「エンター」キーを押してコマンドを実行します。
    以下のように、表示設定が反映されればOKです。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション