kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

カーソル(キャレット)の位置を移動する

  カーソル(キャレット)の位置を移動します。
  移動前のカーソルと移動後のカーソル間にあるテキストを選択することもできます。

  前回紹介した「カーソル(キャレット)の位置を移動する」とは、移動方法が異なります。

  カーソル位置の移動方法には、以下の方法があります。


  いずれも現在のカーソル位置を基準に、相対的に移動します。

文字単位で移動する 

  カーソルを文字単位で移動します。

  コマンドのフォーマット

    カーソルを文字単位で移動するコマンドは、以下のようになります。

move.char 移動する文字数

  移動する文字数

    移動する文字数を指定します。
    「-」をつけると、前方に向かって相対位置で移動します。

    このオプションを省略した場合、「1」が指定されます。

  1.現在のカーソル位置

    現在以下の位置にカーソルがあります。


  2.コマンドの入力

    以下のようにコマンドを入力します。


    ここでは例として、後方に向かって2文字分カーソルを移動します。

  3.コマンドの実行

    「エンター」キーを押してコマンドを実行すると、以下のようにカーソルの位置が移動します。


    「Ctrl」キーを押しながら「エンター」キーを押せば、以下のように移動前のカーソルと移動後のカーソル間にあるテキストが選択されます。

 

単語単位で移動する 

  カーソルを単語単位で移動します。

  コマンドのフォーマット

    カーソルを単語単位で移動するコマンドは、以下のようになります。

move.word 移動する単語数

  移動する文字数

    移動する単語数を指定します。
    「-」をつけると、前方に向かって相対位置で移動します。

    このオプションを省略した場合、「1」が指定されます。

  注意

    日本語では、単語が認識されません。

  1.現在のカーソル位置

    現在以下の位置にカーソルがあります。


  2.コマンドの入力

    以下のようにコマンドを入力します。


    ここでは例として、後方に向かって4単語分カーソルを移動します。

  3.コマンドの実行

    「エンター」キーを押してコマンドを実行すると、以下のようにカーソルの位置が移動します。

    「Ctrl」キーを押しながら「エンター」キーを押せば、以下のように移動前のカーソルと移動後のカーソル間にあるテキストが選択されます。


行単位で移動する 

  カーソルを行単位で移動します。

  コマンドのフォーマット

    カーソルを行単位で移動するコマンドは、以下のようになります。

move.line 移動する行数

  移動する行数

    移動する行字数を指定します。
    「-」をつけると、前方に向かって相対位置で移動します。

    このオプションを省略した場合、「1」が指定されます。

  1.現在のカーソル位置

    現在以下の位置にカーソルがあります。


  2.コマンドの入力

    以下のようにコマンドを入力します。


    ここでは例として、後方に向かって2行分カーソルを移動します。

  3.コマンドの実行

    「エンター」キーを押してコマンドを実行すると、以下のようにカーソルの位置が移動します。


    「Ctrl」キーを押しながら「エンター」キーを押せば、以下のように移動前のカーソルと移動後のカーソル間にあるテキストが選択されます。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション