kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

マルチエディットプラグイン

  「マルチエディット」プラグインは、ドキュメント内に複数のカーソル(キャレット)を設定することができます。

  複数のカーソルを設定した後文章を編集すると、各カーソルで文章の編集が行われます。


  また矩形選択による文章の編集や、カットやコピーなども可能です。

プラグインを有効にする

  「マルチエディット」プラグインを有効にするには、設定画面の「プラグイン」タブで「Multi Edit」にチェックを入れます。


マルチエディットモードに切り替える

  カーソルの複数設定や矩形選択を行うには、マルチエディットモードに切り替える必要があります。

  1.マルチエディットモードの切り替え 

    「編集」メニューを開き「Multi Edit Mode」をクリックするか、「Shift + Ctrl + C」キーを押します。


  2.マルチエディットモード

    以下のようにマルチエディットモードに切り替わります。


    上記の状態で「ESC」キーを押すか、もう一度同じ操作を行えば、元の状態に戻ります。

エディットポイントを追加する

  複数のカーソルの設定は、エディットポイントを追加することで行います。
  ここでは例として、エディットポイントを2つ追加します。

  1.エディットポイントの位置

    エディットポイントを追加したい位置にカーソルを設定します。


  2.エディットポイントの追加

    「Ctrl + E」キーを押します。
    以下のようにエディットポイントが追加されます。


  3.エディットポイントの位置

    エディットポイントを追加したい位置にカーソルを設定します。


  4.エディットポイントの追加

    「Ctrl + E」キーを押します。
    以下のようにエディットポイントが追加されます。


    ここではエディットポイントを2つ追加しましたが、さらにエディットポイントを追加することもできます。
    もしエディットポイントの追加位置を間違えた場合は、「ESC」キーを押してエディットポイントの追加をやり直すことができます。

    追加したエディットポイントは、カーソルと同じ表示になります。

文章を編集する

  エディットポイントを追加した後、文章を編集します。

  1.エディットポイントの設定

    ここでは例として、上記の「エディットポイントを追加する」を行っています。


  2.文章の編集

    「予報」と入力すると、以下のように各エディットポイントで「予報」が追加されます。


    捕捉

      文章の編集が行われるのは、各エディットポイント及びカーソルがある位置です。
      上記ではカーソルの位置が2回目に追加したエディットポイントの位置と同じ位置にあるため、2箇所で文章の編集が行われます。

  3.エディットポイントの移動

    文章の編集を行った後カーソルキーを押すと、以下のようにエディットポイントを移動することができます。


    各エディットポイントの移動は、同じ間隔で行われます。
    各エディットポイントを個別に移動することはできません。

    捕捉

      エディットポイントの移動は、文章の編集を行った後でのみ可能です。

  4.文章の編集

    エディットポイントを移動した後「よ」と入力すると、以下のように各エディットポイントで「よ」が追加されます。


    「ESC」キーを押すとエディットポイントの追加前の状態に戻ります。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション