kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

ダッシュボードプラグイン

  「ダッシュボード」プラグインは、ファイルの履歴からファイルを開くプラグインです。


  ファイルの履歴からファイルを検索することもできます。
  ファイルの履歴は「利用履歴データ」から取得するため、利用履歴の記録をオフにしている場合、ファイルの履歴は利用できません。

  注意(2014/9/20)

    ダッシュボードプラグインが動作しないバグが報告されています。


プラグインを有効にする

  「ダッシュボード」プラグインを有効にするには、設定画面の「プラグイン」タブで「Dashboard」にチェックを入れます。


  ダッシュボードを表示するには

    ダッシュボードは、新規にドキュメントを作成した時に表示されます。

    通常新規にドキュメントを作成すると、「無題のドキュメント 1」のタイトルがついたドキュメントが作成されます。

    ダッシュボードを有効にすると、「無題のドキュメント 1」の代わりにダッシュボードが表示されます。

ダッシュボードのUI構成

  ダッシュボードのUI構成です。


  1.履歴の検索

    履歴からファイルを検索します。
    部分一致で検索を行います。

  2.ファイルの一覧

    使用履歴から取得されたファイルの一覧が表示されます。 
    各ファイルには、テキストのプレビューが表示されます。

    一覧内のいずれかのファイルをクリックすると、以下のようにクリックされたファイルを「gedit」で開きます。


    従来通り新規にドキュメントを作成したい場合は、「Empty Document」をクリックします。
    以下のように新規にドキュメントが作成されます。


履歴からファイルを検索する

  履歴からファイルを検索します。

  1.キーワードの入力

    検索ボックスにファイル名を入力します。
    部分一致で検索が行われます。


  2.検索結果の表示

    以下のように、入力されたキーワードに合致するファイルの一覧が表示されます。



    各ファイルには、ファイル名やファイルがあるフォルダーのパス、最後に開いた時間が表示されます。

    フォルダーのパスはURLエンコードされるため、フォルダーのパスに日本語が含まれていると、パスは正しく表示されません。

  3.ファイルを開く

    検索結果からファイルをクリックすれば、そのファイルを「gedit」で開くことができます。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション