kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

div要素の記述を省略した略記について

  以前紹介したid属性やclass属性を指定する略記の記述方法では、div要素の記述を省略することができます。
  言い換えれば、要素を記述を省略した場合、div要素がデフォルトの要素として展開されます。

  1-1.略記の入力

    単純な例です。
    ここでは例として、以下のようにid属性の記述のみ行います。
 

#div1

  1-2.略記の展開

    略記を展開すると、以下のようにdiv要素が展開されます。


  2-1.略記の入力

    ここでは例として、以下のようにid属性やclass属性のみ記述しています。


#div1>.clsdiv2

  2-2.略記の展開

    略記を展開すると、以下のようにdiv要素が展開されます。


グルーピングによる高度な略記の記述方法

  グルーピングによる高度な略記の記述方法です。
  略記は、()で括ることで、展開の優先度を指定することができます。
  数式の()と似たような考え方です。

  1-1.略記の入力

    単純な例です。
    ここでは例として、以下のように入力します。


div>(p>span)+(div>a)

  1-2.略記の展開

    略記を展開すると、以下のようにdiv要素が展開されます。


  2-1.略記の入力

    複数の括弧で括ることもできます。
    展開の優先順位は、より内側の括弧が優先されます。
    ここでは例として、以下のように入力します。


div>(a+(p>span)+(div>a))

  2-2.略記の展開

    略記を展開すると、以下のように要素が展開されます。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション