kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

略記を展開し、特定の要素を囲う

  「Zen Coding」プラグインでは、略記を展開し、特定の要素を囲うことができます。


  1.カーソル位置の設定

    囲いたい要素をカーソル位置で指定します。
    囲いたい要素の開始タグ、もしくは終了タグ内にカーソル位置を設定します。


  2.略記入力の表示

    「編集」メニューを開き「Zen Coding」を選択し、「Wrap with abbreviation」をクリックします。
    「Shift + Ctrl + E」キーを押しても良いです。


  3.略記の入力

    以下のようにテキストボックスが表示されるので、略記を入力します。


    ここでは例として、以下のように入力しました。


  4.略記の展開と挿入

    略記を入力したら、「エンター」キーを押します。
    以下のように略記が展開され、指定された要素を囲うように挿入されます。


    「ESC」キーを押すと、略記の展開をキャンセルすることができます。

  略記の入力例1

    通常の略記と同じ略記が使用できるため、属性の指定なども可能です。


    上記の略記を展開すれば、以下のようになります。


  略記の入力例2

    複数の階層を持つ略記の入力も可能です。


    上記の略記を展開すれば、以下のようになります。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション