kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

同じ検索条件で文字列を検索する

  前回紹介した文字列の検索方法は、「Advanced Find/Replace」画面から検索を行う方法です。

  前回紹介した文字列の検索方法で文字列の検索を行うと、検索設定が内部的に保持され、「gedit」の画面から直接検索することが可能になります。
  検索設定は、「Advanced Find/Replace」画面を閉じても有効です。

  他のドキュメントを同じ検索条件で文字列を検索することも可能です。

  1.カーソル位置の設定

    検索はカーソル(キャレット)位置から行われるため、検索を開始したい位置にカーソルを設定します。


  2-1.後方に向かって検索

    現在のカーソル位置からドキュメントの後方に向かって検索する場合、「検索」メニューを開き「Find Next」をクリックします。
    「F3」キーを押しても良いです。


    後方に向かって検索が行われ、以下のように、検索条件に合う文字列が選択されます。


    さらに「Find Next」を行えば、次の検索条件に合う文字列が検索されます。
    「Find Previous」で前方に向かって検索することも可能です。

  2-2.前方に向かって検索

    現在のカーソル位置からドキュメントの前方に向かって検索する場合、「検索」メニューを開き「Find Previous」をクリックします。
    「Shift + F3」キーを押しても良いです。


    前方に向かって検索が行われ、以下のように、検索条件に合う文字列が選択されます。


    さらに「Find Previous」を行えば、次の検索条件に合う文字列が検索されます。
    「Find Next」で後方に向かって検索することも可能です。

検索する文字列以外同じ検索条件で文字列を検索する

  上記の「同じ検索条件で文字列を検索する」では、検索する文字列は変えられません。
  この方法を利用すると、検索する文字列を変更して検索を行うことができます。

  検索する文字列以外の検索設定は、上記の「同じ検索条件で文字列を検索する」と同じです。

  補足

    この方法で文字列を検索しても、検索設定に文字列は保持されません。
    一時的に検索設定の検索する文字列だけを変更します。

    また、検索する文字列は、ドキュメント内にある文字列を選択して指定するため、ドキュメント内にない文字列を検索することはできません。

  1.検索する文字列の選択

    検索する文字列を選択します。


  2-1.後方に向かって検索

    現在の文字列選択位置からドキュメントの後方に向かって検索する場合、「検索」メニューを開き「Select and Find Next」をクリックします。
    「Ctrl + F3」キーを押しても良いです。

    後方に向かって検索が行われ、以下のように、検索条件に合う文字列が選択されます。


    さらに「Select and Find Next」を行えば、次の検索条件に合う文字列が検索されます。
    「Select and Find Previous」で前方に向かって検索することも可能です。

    ただし、文字列の選択状態を解除すると、この方法による検索が行えなくなります。

  2-2.前方に向かって検索

    現在のカーソル位置からドキュメントの前方に向かって検索する場合、「検索」メニューを開き「Select and Find Previous」をクリックします。
    「Shift + Ctrl + F3」キーを押しても良いです。


    前方に向かって検索が行われ、以下のように、検索条件に合う文字列が選択されます。


    さらに「Select and Find Previous」を行えば、次の検索条件に合う文字列が検索されます。
    「Select and Find Next」で後方に向かって検索することも可能です。

    ただし、文字列の選択状態を解除すると、この方法による検索が行えなくなります。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション