kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

ドキュメントの文字列をすべて置き換える

  ドキュメントから文字列を検索し、条件に合うすべての文字列を別の文字列に置き換えます。

  すべての文字列を置き換えるため、事前に置き換わる文字列を確認することはできません。
  しかし、文字列を置き換えた後、どの文字列を置き換えたのかを確認することができます。

  1.ドキュメントのサンプル

    ここでは例として、以下のドキュメントからの文字列を一括検索します。


  2.検索する文字列の選択(任意)

    「Advanced Find/Replace」画面を表示する前に、ドキュメントで検索する文字列を選択しておくと、選択された文字列が「Find with」に反映されます。


  3.検索設定

    「Advanced Find/Replace」画面を表示し、検索設定を行います。
    以下の設定項目を設定します。


    「Scope」の設定は、「Current Document」を選択します。
    「Scope」以外の各設定項目については、「Advanced Find/Replace画面を表示する」を参考にしてください。

  4.置き換え開始

    「Replace All」ボタンをクリックします。


  5.置き換え結果

    現在表示しているドキュメントで文字列の置き換えが行われ、置き換わった文字列の一覧が「ボトムパネル」の「Advanced Find/Replace」タブに表示されます。

    また、ドキュメント内の置き換えられた文字列が強調表示されます。


    置き換わった文字列の一覧から項目を選択すれば、ドキュメント内のその文字列が選択されます。


    「Advanced Find/Replace」タブの使い方は、「Advanced Find/Replaceタブの使い方」を参考にしてください。

開いているすべてのドキュメントの文字列を置き換える

  現在のウィンドウで開いているすべてのドキュメントから文字列を検索し、条件に合うすべての文字列を置き換えます。

  すべての文字列を置き換えるため、事前に置き換わる文字列を確認することはできません。
  しかし、文字列を置き換えた後、どの文字列を置き換えたのかを確認することができます。

  1.ドキュメントのサンプル

    ここでは例として、以下のドキュメントから文字列を一括検索します。
    このウィンドウでは、ドキュメントを2つ開いています。




  2.検索する文字列の選択(任意)

    「Advanced Find/Replace」画面を表示する前に、ドキュメントで検索する文字列を選択しておくと、選択された文字列が「Find with」に反映されます。


  3.検索設定

    「Advanced Find/Replace」画面を表示し、検索設定を行います。
    以下の設定項目を設定します。


    「Scope」の設定は、「All Opened Documents」を選択します。
    「Scope」以外の各設定項目については、「Advanced Find/Replace画面を表示する」を参考にしてください。

  4.置き換え開始

    「Replace All」ボタンをクリックします。


  5.置き換え結果

    現在のウィンドウで開いているすべてのドキュメントで文字列の置き換えが行われ、置き換わった文字列の一覧が「ボトムパネル」の「Advanced Find/Replace」タブに表示されます。

    また、ドキュメント内の置き換わった文字列が強調表示されます。


    置き換わった文字列の一覧から項目を選択すれば、該当するドキュメントが表示され、ドキュメント内のその文字列が選択されます。


    「Advanced Find/Replace」タブの使い方は、「Advanced Find/Replaceタブの使い方」を参考にしてください。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション