kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

日本語環境の構築と確認・インターネットに接続せずUbuntu GNOMEをインストールした時は

  「Ubuntu GNOME 14.04」の時に紹介した手順から、一部手順が変更されています。
  ここでは「Ubuntu GNOME 14.10」を対象に、変更された手順を紹介します。

  「Ubuntu GNOME 14.04」の手順は、「日本語環境の構築と確認・インターネットに接続せずUbuntu GNOMEをインストールした時は 」を参考にしてください。

1.パッケージのアップデート 〜 5.言語の設定

  「Ubuntu GNOME 14.04」の手順と同じです。
   

6.地域と言語の確認

  「地域と言語」からインプットメソッドを追加します。

  6-1.地域と言語の起動

    「アクティビティ(Activities)」を開き、以下のように「地域と言語(Region & Language)」を起動します。

  6-2.地域と言語

    以下のように「地域と言語」が表示されます。
    「入力ソース」にインプットメソッドを追加します。


  6-3.入力ソース追加画面の表示

    「入力ソース」の左下の「+」ボタンをクリックします。


  6-4.入力ソース検索画面の表示

    以下の画面が表示されるので、省略記号をクリックします。


  6-5.入力ソースの検索

    以下のように検索する入力ソース名を入力します。
    ここでは例として、日本語のインプットメソッドである「Anthy」を追加します。


    「Mozc」をインストール済みなら、以下のように「Mozc」を追加することもできます。


  6-6.入力ソースの追加

    「日本語 (Anthy)」を選択し、「追加」ボタンをクリックします。


  6-7.入力ソースの追加完了

    以下のようにAnthyが追加されます。


    これでAnthyによる日本語入力が可能になります。

7.日本語の確認

    「Ubuntu GNOME 14.04」の手順と同じです。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション