kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

ファイル名が64バイトを超えるファイルをデータプロジェクトに追加するには

  「Brasero」では、ファイル名が64バイトを超えるファイルをデータプロジェクトに追加することができます。

  64バイトというのは、「UTF-8」で64バイトという意味です。
  例えば「今日の天気は晴れです」は、「UTF-8」で30バイトになります。

  1.ファイルの例

    ここでは例として、以下のファイルを用意しました。


  2.ファイルの追加

    「データプロジェクト」に上記のファイルを追加します。

  3.ファイルの追加確認

    ファイル名が64バイトを超えるファイルを追加すると、以下のように確認画面が表示されます。


    Windowsと互換性のあるファイル名に変更する

      Windowsとの互換性を優先し、ファイル名が64バイト以内に収まるように、ファイル名を変更します。

      「データプロジェクト」を閉じるまで、この確認画面は表示されなくなります。

     ※後述の致命的な問題があるので、注意してください。

    Windowsとの互換性を無効にする

      ファイル名が64バイトを超えるファイルを「データプロジェクト」に追加します。
      「データプロジェクト」を閉じるまで、この確認画面は表示されなくなります。

  4.追加完了

     以下のように、ファイルが「データプロジェクト」に追加されます。


  Windowsから読み込めなくなる

     ファイル名が64バイトを超えるファイルを「データプロジェクト」に追加すると、「Joliet」ファイルシステムが生成されないため、Windowsから利用できなくなります。

    ファイルシステムは、「Rock Ridge」になります。
    もしWindowsで「Rock Ridge」を読み込めるソフトウェアがあるなら、ディスクにアクセスできるかもしれません。

    OS Xでは、「Rock Ridge」を読み込むことができます。

  ファイル名が変更されない(2014/12/13)

    「Windowsと互換性のあるファイル名に変更する」を選択しても、ファイル追加時はファイル名が変更されません。

    プロジェクトをファイルに保存した時や、ディスクに書き込む時にファイル名が変更されます。

    例えば上記のプロジェクトをファイルに保存し、再度そのプロジェクトを開くと、以下のようにファイル名が64バイトで収まるように変更されています。


ファイル名が正しく変更されない問題(2014/12/13)

  ファイル名が正しく変更されない問題があります。

  致命的な問題

    これは致命的な問題で、正常なファイル名が生成されないまま、ディスクが作成されてしまいます。
    OSによっては、ディスクを正常に読み取ることができなくなるかもしれません。

    また、ファイルに保存したプロジェクトが開けなくなります。

    これは、「Brasero」がファイル名を変更する際、1文字=1バイトとして処理を行っているためです。
    例えば、日本語の「。」は3バイトで1文字を表すため、文字の途中でデータが切られてしまいます。
 

  Windowsとの互換性を無効にした場合は問題ない

    上記の「3.」で表示される確認画面で「Windowsとの互換性を無効にする」を選択した場合は、ファイル名の変更が行われないため、問題ありません。

    問題が起きるのは、「Windowsと互換性のあるファイル名に変更する」を選択した場合です。
    現状、「Windowsと互換性のあるファイル名に変更する」を選択しないほうが良いです。

  1.ファイルの例

    ここでは例として、以下のファイルを用意しました。
    ファイル名は、「このファイル名は、64バイトを超えています。.odt」です。


    ポイントは、64バイトに切り詰められる箇所にある文字が、2バイト以上で表現される場合です。

  2.ファイルの追加

    「データプロジェクト」に上記のファイルを追加します。

  3.ファイルの追加確認

    以下の確認画面が表示されるので、「Windowsと互換性のあるファイル名に変更する」をクリックします。


  4.追加完了

     以下のように、ファイルが「データプロジェクト」に追加されます。   


  5.プロジェクトの保存

    プロジェクトをファイルに保存します。


    このタイミングでファイル名の変更が行われます。

  6.Braseroの再起動

    「Brasero」を再起動します。

  7.プロジェクトを開く

    「5.」で保存したプロジェクトをファイルから読み込みます。
    以下のようにエラー画面が表示されます。


    このプロジェクトファイルは、読み込めません。

  ディスクに書き込んだ場合

    「4.」の状態でディスクに書き込むと、以下のようにファイル名が正しく表示されません。


    「(無効なエンコーディング)」と表示されています。

  プロジェクトファイルの中身

    プロジェクトファイルは、XML形式のファイルです。
    「5.」で保存したプロジェクトファイルを「テキストエディター」で開くと、ファイル名の箇所がデコードできず、以下のようにエラーが表示されます。


    問題となる箇所を直接修正すれば、このプロジェクトを「Brasero」で開くことができます。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション