kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

データプロジェクトにフォルダーを作成する

  「データプロジェクト」にフォルダーを作成します。

  補足

    「データプロジェクト」にフォルダーを作成しても、HDD内にフォルダーは作成されません。
    「データプロジェクト」上で管理されるフォルダーになります。

    ディスク作成時に、実際のフォルダーとしてディスクに書き込まれます。

  1.フォルダーの作成場所の選択

    フォルダーを作成したい場所(階層)にあるファイルを選択します。


    以下のようにフォルダーを選択すれば、選択したフォルダー内にサブフォルダーを作成します。


  2.フォルダーの作成

    「編集」メニューを開き、「新しいフォルダー」をクリックします。


    ツールバーから「新しいフォルダー」ボタンをクリックしても良いです。


  3.フォルダー名の入力

    以下のようにフォルダーが作成され、フォルダー名を入力できるようになります。


  4.フォルダー名の入力完了

    ここでは例として以下のように入力しました。
    「エンター」キーを押します。


    フォルダー名は後で変更することができます。

  5.フォルダーの作成完了

    以下のようにフォルダーが作成されます。


データプロジェクトに追加したファイルをアプリで開く

  「データプロジェクト」に追加したファイルをアプリで開きます。

  1.ファイルの選択

    アプリで開きたいファイルを選択します。


    「Ctrl」キーや「Shift」キーを押しながらクリックすれば、複数のファイルを選択することができます。

    フォルダーの選択について

      フォルダーを選択すると、そのフォルダーを「Nautilus」で開くことができます。
      ただし、「データプロジェクト」に作成したフォルダーは、開くことができません。

  2.ファイルを開く

    選択したファイルを右クリックして表示されるメニューから、「開く」をクリックします。


    選択したファイルが1つなら、そのファイルをダブルクリックしても良いです。

  3.アプリの起動

    以下のように、ファイルに関連付けられたアプリが起動し、ファイルが読み込まれます。


    「Nautilus」からファイルをダブルクリックした時と同じですね。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション