kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

Sambaの設定を行う

  「全般的なプロパティ」タブをクリックすると、Sambaの設定を行うことができます。


  ドメイン/ワークグループ

    このPCが属するSambaのドメイン/ワークグループ名を入力します。
    基本的に既定の「WORKGROUP」から変更する必要はありません。

    ドメイン/ワークグループは、PCのグループを定義するものです。

  このマシンはWINSサーバである

    チェックをオンにすると、このPCをWINS(Windows Internet Naming Service)サーバーとして動作させます。

    SamabaにはWINS機能があり、WINSとして動作させることができます。
    WINSは、PC名(NetBIOS名)とIPアドレスを変換するDNSのような機能です。

    基本的にチェックはオフでよいです。

  次のWINSサーバを使う

    すでにWINSサーバーが存在している場合、そのWINSサーバーのアドレスを入力します。

Sambaのユーザー設定を行う

  「ユーザー」タブをクリックすると、Sambaのユーザー設定を行うことができます。


  Sambaのユーザー

    Sambaのユーザーとは、Sambaで共有している共有フォルダーにアクセスできるユーザーの事です。
    もし共有フォルダーが誰でもアクセスできる状態(ゲストアクセス可)になっていれば、Sambaのユーザーでなくとも共有フォルダーにアクセスすることができます。

    しかしセキュリティー上、ゲストアクセス不可にしている共有フォルダーにアクセスするには、このSambaのユーザーで共有フォルダーにアクセスする必要があります。

  ユーザー一覧

    「ユーザー」タブでは、現在このPCに登録されているUbuntuのユーザーアカウントの一覧が表示されます。

    一覧の中には、自分で作成していないユーザーアカウントも含まれています。
    これはサービスなど一部のソフトウェアが作成したユーザーアカウントです。
    これらのユーザーアカウントを使用することはほとんどありません。
   

  チェックがオンになっているユーザー

    チェックがオンになっているユーザーは、このPCで共有している共有フォルダーにアクセスできるユーザーです。

    ゲストアクセスが不可になっている共有フォルダーに他のPCがアクセスするには、チェックがオンになっているユーザーで共有フォルダーにアクセスする必要があります。
   

  SambaとUbuntuのユーザーアカウント

    SambaとUbuntuのユーザーアカウントに直接的な結びつけはなく、それぞれが別々に管理されます。

    しかしユーザーからすれば、Ubuntuでユーザーを作成したら、同じユーザーをSambaでも作成してくれたほうが都合がよいわけです。(手間が省ける)

    そこでUbuntuでは、SambaとUbuntuのユーザーアカウントを結びつけるソフトウェアを提供しています。

    そのためUbuntuでは、Sambaのユーザー管理を行う必要はありません。
    「ユーザー」タブでは、Sambaのユーザーを確認する程度の留め、不用意に変更しないようにしましょう。

Sambaにユーザーを追加する

  Sambaにユーザー(アカウント)を追加します。

  1.ユーザーの選択

    Sambaに追加したいユーザーを選択し、チェックボックスをクリックします。


  2.パスワードの入力

    以下の画面が表示されるので、選択したユーザーに設定するパスワードを入力します。


    パスワードの入力は、以下のように「・」で表示されます。


    パスワードを入力したら、「OK」ボタンをクリックします。

  3.ユーザーの追加完了

    以下のように選択したユーザーのチェックがオンになり、Sambaに選択したユーザーが追加されます。


Sambaからユーザーを削除する

  Sambaからユーザー(アカウント)を削除します。

  1.ユーザーの選択

    Sambaから削除したいユーザーを選択し、チェックボックスをクリックします。


  2.ユーザーの削除完了

    以下のようにチェックがオフになり、Sambaから選択したユーザーが削除されます。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション