kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

glogg

  「glogg」はログビューワーです。


  Ubuntuでは、以前紹介した「GNOMEシステムログ」がデフォルトでインストールされていますが、「glogg」では2ペインで情報を表示するなど見た目や機能が異なります。

  4GiBを超えるログファイルを扱うこともできます。

  状況に応じて使い分けると良いでしょう。

  アプリ名は、「glogg」です。

インストール

  「glogg」のインストールです。
  「Ubuntuソフトウェアセンター」を起動し、「glogg」で検索します。


  「インストール」ボタンをクリックします。

起動

  「glogg」の起動です。
  Dashホームを開き、以下のように起動します。


  以下のように、メイン画面が表示されます。


ログファイルを開く

  ログファイルを開きます。

  1.ファイル選択画面の表示

    「File」メニューから「Open」をクリックするか、「Ctrl + O」キーを押します。


    ツールバーから「開く」ボタンをクリックしても良いです。


    今まで開いたことのあるファイルは、以下のように履歴に表示されるので、履歴から直接開くこともできます。


  2.ログファイルの選択

    開きたいログファイル(テキストファイル)を選択し、「開く」ボタンをクリックします。


  3.ログファイルの表示

    以下のようにログファイルが開かれ、ログファイルの中身が表示されます。


    「glogg」では、「glogg」終了時に開いていたログファイルを、「glogg」起動時に自動的に開きます。

  複数のログファイルを開きたい時は

    「glogg」は、一度に1つのログファイルしか開くことができません。
    複数のログファイルを同時に開きたい場合は、複数の「glogg」を起動してください。

ログ画面のUI構成

  ログ画面のUI構成です。


  1.開く

    ログファイルを開きます。

  2.更新

    ログファイルを読み込み直します。
    「glogg」では、ログファイルの自動更新を行うこともできます。

  3.ログファイルの情報

    現在開いているログファイルの情報が表示されます。
    以下の情報が表示されます。

  • ログファイルのパス
  • ログファイルのサイズ
  • ログファイルの総行数
  • ログファイルの最終更新日時

  4.読み込み中止

    ログファイルの読込みを中止します。

  5.行番号

    現在選択しているログの行番号が表示されます。

  6.ログ

    ログの中身が表示されます。

  7.検索とマーク

    ログの検索結果や、マークしたログの内容が表示されます。
    後述します。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション